スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

カシスオレンジを頼む絵麻に親近感

■甘城ブリリアントパーク
第5話 「お金が足りない!」

改革早々にパークの清掃は指示しましたが、それだけではどうにもならなさそうなみすぼらしさがありましたものね。整備員の確保は設備の充実に大きく貢献しそうです。
赤竜ルブルムも客寄せとしては強力そうですしね。

ただよくわからないところが………。
ドルネルはどうしてニートになれたのでしょう?
話の流れからしてモグート族の私財を浪費していたようですが、いくら「アトラクション最初のお客様」だといっても、十年も養う謂れはないでしょう? 彼らは人が良すぎるのでしょうか?


■SHIROBAKO
第4話 「私ゃ失敗こいちまってさ」

宮森と太郎ってほぼ同期だそうですが、にもかかわらず宮森が敬語を使ってるのは太郎と距離を置きたがってるからかな。

声優さんは芽が出るまでが厳しそうですよね。今は売れてる声優さんも、バイト時代が長かったなんてこと珍しくないし。
ずかちゃんはこれがはじめてのオーディションでしたか。落ち込むのも無理ないけど、何年も芽が出ない人もいるのですし、これからでしょう。
あと、失敗も経験です。特に声優は仕事にマネージャーが付き添ってくれることも少ないそうですし、先輩声優から仕事の流れをレクチャーされた、なんて話をよく聞きます。
仲間が三人、すでに業界で仕事をこなしてるのには焦るでしょうけれど、事務所に所属できてるだけ力を認められてるし前進もしてるのですから、切り替えて次に進んでほしい。

帽子フェチとしては買い物のシーンが眼福でした。ずかちゃんと絵麻が特によかったですね。ま、魔女帽子なんてかぶる機会ないでしょうけど。

絵麻は自炊もするのにスーパーで半額お弁当買ったりするあたりが妙にリアルでよいですね。
リアルといえば宮森に母からかかってきた電話。どこの親もあんなものなんでしょうか。


■四月は君の嘘
第4話 「旅立ち」

公生って、子供としては客観的に見てずいぶんな扱いを受けたと思うんですけど、「ボクだけは母さんの味方」って心理になるのがリアルで不憫です。
でもそう感じるのはお母さんの情報が少ないからかもしれません。公生に厳しい指導を施す母親の顔にはすでに医療器具があります。自分の死期を悟った母親が、生きてるうちにすべてを息子に伝えようと焦った結果があれなのかもしれません。

その母親の方針もあって、公生とかをりは、コンクールへの姿勢が驚くほど対照的です。
公生はコンクールを審査の場であるととらえ、かをりは自分の音楽を披露する場ととらえている。
公生は譜面のとおりに弾くことを至上とし、かをりは「音楽が自由だ」と言い放つ。
その二人の奏でる音楽は   

公生には結局最後までピアノの音が戻ることはなかったみたいですね。このまま記憶のタッチだけで演奏するピアニストになるのでしょうか?
しかし、母親の呪縛   ヒューマンメトロノームの檻から解き放たれた演奏を見せられたのは、ピアノの音が聴こえなかったことも大きいのかもしれません。聴こえてくるかをりのヴァイオリンと、指の感触だけを頼りにした結果があの演奏だとすれば、残念に思う必要はないのかな?

息の合った演奏を繰り広げる二人の姿に、椿がはっとした表情を見せていましたね。
自分の入り込めない世界を二人に感じたのはもちろんでしょうが、その気づきが彼女にどんな変化をもたらすのかが興味深い。いつまで公生は彼女の「弟」でいられるのでしょう。
  拍手する

かかと落としを決めたあとの「ふんっ!」って決めポーズに惚れる

■甘城ブリリアントパーク
第4話 「秘書が使えない!」

スケジュール管理は自分でできてて、やらなきゃいけないことも全部先回りして手を打たれてて、秘書としての立場がないのもわかります。

苦手な秘書業務では自信喪失気味でしたが、非常時には軍人らしく指揮力を発揮して面目躍如。
一年間の支配人代行は乱暴でしたが、パークのためにがんばってるのを知っていたからみんなも嫌ってはいなかったのでしょう。よかったですね。がんばりが報われる場面にはじんときます。
あと、西也のフォローもよかったですね。個人の挫折などどこにでもある小さな物語だと笑い飛ばす彼は格好良かった。きっと彼自身、拭いきれてはいないのでしょうけれど、いすずを励ますために強がってみせる姿は好感度急上昇です。

「…なぁラティファ、ずっと前に俺と会ったことがないか?」
「すみません、記憶になくて」

ここは伏線かなぁ。西也は以前にもパークを訪れたことがあるそうですし。
ラティファについてはいすずもモッフルも言葉を濁したがるんですよね。色々と隠された事情がありそうですから、忘却してるのはむしろ彼女のほうかもしれませんね。


■SHIROBAKO
第3話 「総集編はもういやだ」

キャパオーバーになった宮森が痛々しかった。。
進行って、予定通りに回すだけでもスケジュール管理が大変でしょうに、〆切守らないわトラブルに見舞われるわでは新人さんなら当然こうなりますよ。そこをしっかりケアしてあげられる矢野さんは先輩として頼もしいですね。
最後にデスクの本田さんがなんだかいい話風にまとめてましたけど、いつも「万策尽きたー」とか言っちゃう人のセリフじゃないですよ、それ(笑 それほど有能にも見えませんし。矢野さんの気配りや興津さんの機転がなければひどいことになってましたよね? あと普段からもう少し下への気配りがほしいですね。

新人原画として先輩たちの背中を見つめる絵麻が良い味だしてますね。
いつのまにか宮森の背後に立ってるのは可愛かったv


■四月は君の嘘
第3話 「春の中」

かをりは公生の前歴を知ってたんですね。
前回の震えはあの有馬公生に評価されることへの緊張もあったのかな。

ピアノの音が聴こえない   
その事実を知っても彼女はなお言います。
「甘ったれんな~!」
「悲しくても、ボロボロでも、どん底にいても、弾かなきゃだめなの。そうやって、私たちは生きていく人種なの!」

遠慮も気遣いもない………ように見えます。
でも彼女だってその重大さはわかっているのです、きっと。
それでも同じ演奏家として公生を動かさずにはいられない。痛みを知った上で、なおも強制できる強さが彼女にはある。彼女と椿の大きな違いがここです。椿は長い間見守ることしかできなかった。

「正直言うとね、私、公生がピアノをやろうとやるまいと、どうでもいいんだ。ただね、やめるなら納得してやめてほしい。見てて辛いの。
今の公生、中途半端だもん。あの日から………あの日から公生はどこにも行けずにいる。
………時間って止まるのね。だから公生にはピアノを弾いてほしい。きっと、何かが変わるはずだから」

椿にかんしてはここを勘違いしてました。
彼女はお母さんというかお姉さんというか………立ち止まったままの公生がただただ心配だったんですね。
そこに彼女自身の期待や希望などなかった。

「だからなんだっていうの。君は弾けないんじゃない。弾かないんだ。ピアノの音が聴こえない。それを言い訳に逃げ込んでるだけじゃない!」
本来なら公生は怒っていい場面です。
しかし彼はそうしなかった。
なぜなら彼女の言葉が真実を射抜いていたから。
そして、かをりは弾けない理由に甘えていた公生を叱るだけでなく、そのまま受け入れて、共に歩いてくれると言ったから。

「でも弾くの。弾ける機会と、聴いてくれる人がいるなら。
私は全力で弾く。聴いてくれた人が私を忘れないように。その人の心にずっと住めるように。
それが私のあるべき弾く理由。私は演奏家だもの。
   君と同じ」

なんでしょうね、この今を全力で生きなければいけないという焦燥感。
演奏家であるという以外の何かが彼女を突き動かしている気がします。
生き急ぎすぎている。
  拍手する

木曜深夜が熱い!

■甘城ブリリアントパーク
第3話 「テコ入れが効かない!」

それほど奇抜な策を弄するわけではないのですね。意外と手堅い。
天城企画との話はぼんやりとしか覚えてないのですが、譲渡の条件は収益達成ではなく動員数でしたっけ? だとすれば赤字を拡大させてでも数字を達成しようとするのはわからなくもありません。
もっふるが態度を最後に軟化させたのは、1000人よりも1001人を呼ぶためという可児江西也の言葉に、彼も遊びや半端な覚悟で臨んでるわけではないという誠意を見たからでしょうか。
今回は話題づくりのほうに焦点が当たっていましたが、テーマパークとしての魅力そのものをどうにかしなければ未来はありません。そのあたりのテコ入れを見たいものです。

最近は可児江西也ともっふる中心に話が回っていて、その陰で千斗いすずがゆっくり可児江西也への信頼を深めてるといったところですね。
次回タイトルが「秘書が使えない!」ですからいすず回になりそうで楽しみです。


■SHIROBAKO
第2話 「あるぴんはいます!」

四話の作画は交換という形でなんとか決着しましたか。四話の作画監督・瀬川さんにとってはピンチヒッターを引き受けたために本来の仕事が果たせなかったわけですから不本意でしょうけど、人とのつながりという点ではプラスでしたね。

どうも男性陣に「大人になりきれていない大きな子供」が多い印象を受けます。そういうところはこの業界ならでは、でしょうか。女性陣はしっかり現実を見てて頼もしい。でも、男性陣の子供の部分だって悪いばかりでもない。それこそがものづくりの原動力になってる部分もある。しっかり手綱を握ってくれる人さえいればうまく回る。主人公・宮森あおいはそういうポジションにいるのかもしれません。
今回を乗り越えたとはいえ、最終回が定まってないなど、不安要素はまだあります。ですが今回のようになんとか乗り切ってみんなうまく納まるお話であればいいですね。

1話冒頭で登場した五人のうち、進行と原画はすでに武蔵野アニメーションで働いてますが、残る三人はどう関わってくるのでしょう。声優にしろ脚本にしろ、今から新たに「えくそだすっ!」に加わるのは難しいと思いますが………。


■ソードアート・オンラインII
#15 「湖の女王」

「スグ、レアアイテムを追い求めるのだけがVRMMOの楽しみじゃないさ」
「けどオレたち、あの剣を見せてくれたトンキーの気持ちに応えなきゃいけないと思うんだ。アイツもきっと内心じゃ、オレたちがダンジョンを突破することを期待してるんじゃないかな。だってほら、オレたちとトンキーは友達じゃないか!」

自分の欲望を必死で隠し詭弁を弄するキリトがかわいい(笑

シノンはコンバートではなく、GGOにキャラを残したまま、ALOに新キャラを作ったようですね。ALOはレベル制ではなくスキル習熟度を上げるシステムですから、短期間でもそれなりのキャラにはなるのかもしれません。
そのわりに、GGO編でコンバートしたてのキリ子がStrどうこう言っていたのがひっかかりますが。

「しかもそれ、あんまり平和なクエストじゃなさそうなのよ。お遣いや護衛系じゃなくて、モンスターを何匹以上倒せっていうスローター系。おかげで今、ヨツンヘイムはポップの取り合いで殺伐としてるって」
「そりゃたしかに、穏やかじゃないな………」

ちょっと誤解が生じそうですけど、モンスターを倒すクエストだから「殺伐としてる、穏やかじゃない」と言われてるわけではありません。そもそもSAOでもALOでもモンスターを倒すのはごく当たり前の行為です。
殺伐とするのはアスナのセリフの後半にあるとおり、モンスターの取り合いになってプレイヤー同士がピリピリするってことです。


■四月は君の嘘
第2話 「友人A」

「だって……知ってたら公生、来なかったでしょ? だから一所懸命黙ってた」
「やっぱり………ピアノには嫌な感じしかしない?」

椿としては、公生がこのままでいいとは思ってないようですね。
公生にピアノの道に戻ってほしいのは、輝いてる公生をまた見たいという願望が半分、今の公生のあり様を心配してるのが半分といったところでしょうか。
とはいえ、彼の傷の深いのも理解しているので、そこは探りさぐりですね。ただの友達ではうかつに触れられない傷ではありますが、そこにゆっくりでも踏み込んでいけるのは幼馴染だからでしょう。

「………緊張しちゃうな。私の音楽、届くかな?」
「ねえねえ、キミはどうだった? すごかったでしょ、私! ………どう、だった?」

奔放に見える彼女。
実際、自分の音楽を押し通すだけの勇気ももっている。
けれどやはり年相応の女の子なのです。コンクールの審査基準に合わないからと否定されるのはかまわなくても、自分の音楽そのものを否定されることは怖い。
それを手の震えだけで見抜き、当たり前の評価ではなく、彼女のもっとも知りたかった結果に置き換えた公生はさすがですね。そう、彼女にとって大事なのは、技量の評価などではなく、自分の音楽が聴衆に届いたか否かなのです。
ただ、それを公生自身の感想ではなく、幼い少女たちの感動に置き換えたところに、彼の戸惑いが覗えます。自分自身が彼女の音楽を肯定することに、まだ躊躇があるのでしょう。

「もう一度聴きたいけど、聴きたくない。もう一度会いたいけど、会いたくない」
それは、自分の知る音楽が壊されることへの恐れと期待なのか、
今のモノクロな安息の日々が終わる予感なのか、
それとも   

  拍手する

なんだか、えろげっぽいアニメが多くないですか?

■甘城ブリリアントパーク

滅亡寸前のテーマパークの再生ですか。おもしろそうですね。
大逆転勝利のためには、内側のサービス向上は当然だけど、ダメパークって評判が定着してるんですから、外に向けての大規模な話題づくりも必須ですよね? どんな仕掛けをするのでしょう。
三話のタイトルが「テコ入れが効かない!」ですから早速つまづきそうですね。まあ、主人公とてテーマパークの経営なんて初めてなんですから、机上の計画と現実とのズレに苦しむのも当然です。むしろ序盤で一度つまずいてくれないと「さすがお兄様」と褒めるしかなくなってしまう。

しかし、人間の経営アドバイザーを頼ったこともあるんですよね? 彼らは何もしなかったんでしょうか? 外見を奇麗にたもつのは基本中の基本だと思うのですが、それすら指摘しなかったわけはないでしょう。だとすれば、キャスト(従業員)のやる気というのが底辺まで落ちているということではないでしょうか。

2話でさもキャストの心を魔法で読んだかのように振舞いましたが、あんなことは魔法を使わずともわかることです。きっと使っていない。
ならばこれからキャストたちの一人ひとりと向かい合いながらその本心をのぞくこともあるのかもしれません。それをヒントにアトラクションを立て直す展開もあるでしょう。

冒頭で「いつものOLの子、いないなぁ……」と探してるおじさん。ただの目の保養してるだけならいいのですが、まさか痴漢じゃないでしょうね………。

「ラティファも大人になればわかるフム」
(………はっ)
「すまないフム。ついうっかり………」

ということは、ひょっとして姫さまは成長しない永遠の少女?
12~13歳くらいに見えますが。


■暁のヨナ

で、次話からは姫がたった一人で落ち延びて、水禺刀だけを頼りに生き抜くわけですね?


■SHIROBAKO

アニメ制作業界のお話ですか。アニメって色んな技術の専門家が集まって作るメディアですから面白そう。
その調整を担う進行が主役というのはうまい配役ですね。第一話から早速、同期の失態の尻拭い・上からの要求と現場の負担との板挟み。きついお仕事ですねぇ………。
それにしても次話の作監さんに頼みますか? 最悪の選択という気がしますが。
同期の鳥の巣頭は少なくとも四話がアップされるまでは殊勝にしときなさいと言いたくなります。社会人なのに報連相を知らないのかっ。彼はトラブルメイカーになりそうだなぁ。。


■魔弾の王と戦姫

弓が軽んじられる国で不遇をかこつ地方貴族の青年・ティルグが、敵国の捕虜となってはじめて評価されるとは皮肉な話ですね。
留守にしていた自領が攻められたようですが、どうやって助けに行くのでしょう? どんなに優れた将でも手勢がいなければどうにもなりません。戦姫が味方してくれたとしても、彼女の軍勢からすれば敵国ですよね?
ティルグの領地が国境付近にあればよいのですけど。


■四月は君の嘘

今期の第一話で、一番「物語が始まる!」って空気を醸していた作品です。
あらすじを文字にすると、たいしたことは何も起こってないように見えます。亡き母に強要されたピアノの道を、彼女の喪失とともに失ってしまった少年。けれどピアニカを気分よさそうに吹き鳴らす少女の登場で空気が一変しましたね。
ピアノから離れながらもいまだ諦めきれず、寝るときにも手の保護を欠かさない彼が、再びピアノを演奏できるのか。
次話が楽しみです。
  拍手する

いまさらですが

■月刊少女野崎くん

佐倉は応援したくなる系女子なところがよいですね。
野崎くんも気づいてるんだか気づいてないんだか。九割九分気づいてないよね。もし気づいていたらかなり残酷なこともしてるし。うん、やっぱり気づいてない。
これからもずっとあんな調子なんだろうけど、その歯がゆさがよいです。
二人が接近するお話は二次でお待ちしています。

野崎くんアンソロも読みました。
ご本人が描かれてる王様ゲームが一番面白いのは仕方ない(笑
あと、namo先生の描かれた若松×瀬尾(?)が素敵でした。原作で本当にこれがあればいいのに。

月刊少女野崎くん アンソロジー (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん アンソロジー (ガンガンコミックスONLINE)
(2014/08/22)
スクウェア・エニックス

商品詳細を見る



■普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

アイドルものって実はけっこう苦手なのですが、ろこどるは方向性が全然違って楽しめました。
自分たちが何を大切にすべきかを最初から最後まで曲げずに通した彼女らに乾杯です。

比較対象としてのあわあわガールズの存在もわかりやすかったですね。
ろこどるは外に向けてのアピールも大事だから、観光客を呼び込めるって点で彼女らの成功も間違ってはいないのだけど、地元に愛されるアイドルになれてるかはわからない。少なくとも彼女らはその点について満足していない。
だから流川ガールズに惹かれるんでしょうね。OVAでは流川まで本当に遊びに来るみたいですし。

逆に、流川ガールズは外に向けてのアピールにまだ乏しい。
最終回でのトリもあわあわガールズには評価が高かったし、前夜祭での順位もまずまずでしたが、成功してるとはいえないレベルです。
あわあわガールズは自分たちが失ったものを流川ガールズに見て、流川ガールズはあわあわガールズの成功を素直に感嘆している。お互いにないものを相手に見ている。いい関係ですね。


■グラスリップ

麒麟館の展望台での告白以来、よくわからなくなってしまいました。
男子の気持ちとしては、そこで二人とも好き、と言われて納得できるものなのでしょうか?
幸が、海の約束の件ではあきらかに透子への気持ちを祐からの好意より優先しているにもかかわらず?
それとも、好意を利用はされたけど、自分への「好き」もあるのなら気持ちをつなぐことはできる。自分と幸はまだやり直せるという前向きさでしょうか。
実際、幸も祐個人にたいしてはまんざらでもなさそうです。透子への気持ちを整理できれば、案外うまくいくのかもしれません。男は包容力だなぁ。
  拍手する

ひな目線のグラスリップが気になり始めました

■月刊少女野崎くん

野崎くんが少女マンガ家をやれてるのが、この作品最大の謎じゃないでしょうかv
雨の中、相合傘したあげく、濡れた女の子を部屋に連れ込んでおきながら、その子に作画モデルを頼むことしか頭にないとかどういう神経してんの(笑
でもセーラー服を嫌がる佐倉は可愛い。
佐倉はなんだかんだで懲りないところがよいですね。野崎くんにいくらがっかりさせられてもわずかな希望を捨てない。それも乙女心のなせる業なのでしょうか。
今期一番笑わせてくれる作品です。

佐倉役の小澤亜李さんは、TVアニメだとこれがほぼ初めてのメインキャストなんですね。
とてもよく合ってると思います。野崎くんやみこりんの要求を拒否するときの声が好きです。


■普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

奈々子と縁さんって、ろこどる結成以前に縁(えん)があったんですね。初対面から縁さんがウェルカム状態だった理由がこれでわかりました。
でもそれが二人の再会に結びついていないところは運命といっていいのかも。

アニメでは縁さんを百合キャラにしたいみたいですけど、
「奈々子さんがこんなに近くにいるのに何もしないし」
「抱きついたり胸に顔を埋めたりふにふにしたり」

と言われるようなこと、今までにそれほどしてないような………。


■グラスリップ

祐くんは説明を求めていますが、海に遊びに行く件が透子と駆を邪魔するためだったこと、駆が気に食わないことなどはすでに幸ちゃんから正直に告白されています。
だから祐くんが知りたいのは、幸が自分をどう思っているのか。
今まで二人きりで過ごした時間は何だったのか。
自分の好意を知っているだろうに、それを利用しただけだったのか。
そこなのです。

幸はそれに誠実に答えました。
透子を愛している、と。

あの特別な景色を一緒に見たがったのは、透子と祐、二人と純粋に友達でいられる最後の時間だと覚悟していたからなのでしょうね。
  拍手する

夏アニメ

■アオハライド

正統派少女マンガといった作品ですね。
早々に最大の山場、嘘だらけの友人関係から抜け出すというイベントをこなしましたが、その反動は小さかった。袂を分かった元友達は、双葉を攻撃してくることもなかった。
このままキツイ展開を迎えることもなく新しい人間関係を築いていけるのかな?


■普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

アイドルものって苦手だと思っていたのですが、ローカルアイドルっぷりがゆる~くて、安心して見ていられますねv
彼女らの露出って、ケーブルTVと地元新聞がメインみたいですが、ローカルケーブルTVなんて私も見たことありません。知名度を上げるのは難しそうです。

原作にも軽く目を通してみました。
作中でのビジュアル評価が微妙な奈々子ですが、「孫顔」というのは的確な表現ですね。


■グラスリップ

そもそも透子たち五人はどういう集まりなんでしょうね。
幼馴染というふうにも見えませんし、なにか目的をもって集まってる風でもない。
仲が良いように見えて距離がある。手探りでお互いの距離を詰めてるように感じます。

そんな具合ですから、仲良し五人の中に転校生という異分子が混ざりこんだ、という構造にいまひとつ入り込めないでいます。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。