スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

女型巨人の正体を知った上でもう一度進撃を頭から観返すと違う進撃が見えてきそうですね

■進撃の巨人
#23 「微笑み ―ストヘス区急襲 (1)―」

前回の感想で述べたようにアルミンは女型巨人の正体が同期の中にいると絞っていました。
ただ、同期で調査兵団に属していない女性はアニ以外にもいます。
視聴者は主だった女性キャラの中から消去法で絞れますけど、アルミンはマルコの立体起動装置を覚えていて、そこからアニに目をつけたのですね。

これでトロスト区攻防戦の後にアニがマルコの亡骸に謝っていた理由がわかりました。
さすがに直接手を下しはしなかったでしょうが、マルコはアニに立体起動装置を奪われたのですね。あの状況で立体起動装置を失えば死は必然ですから、アニが殺したも同然ですけど。

アニはいつからアルミンを疑っていたのか?

誘われた最初からでしょう。
その証拠にあの指輪を出発時点で装着してます。これを使うことになる可能性を考慮していたのです。
あらゆる状況において油断が許されない立場に彼女はいるのです。壁の中は彼女にとっての敵地なのですから。
ただ、確信まではしてなかったのではないでしょうか。9割方アルミンが自分の正体に気づいて罠にはめようとしていると考えながらも、どこかでそうではない可能性を信じたかったのではないでしょうか。

おそらく確信したのはアルミンに「なぜストヘス区に入る前に逃げなかったのか」聞いたときでしょう。あの答えはアルミンにしては苦しかった。少なくとも、ストヘス区に入る前に逃げるのと比較して、こっちの作戦のほうが可能性が高いとはとても言えない状況です。アニも指摘したとおり、彼女に断られれば作戦はほぼ失敗するのですから。

もちろん彼女にとっても分の悪いばかりの賭けではなかったのでしょう。
女型巨人の目的はエレンを連れ去ることにありました。わざわざ憲兵兵団の護送列を襲わずとも、エレンを連れ去るチャンスが転がり込むことになります。

最後の場面は見ていて悲しくなるものがありました。ミカサはともかくとして、友情を盾に罠にはめたアルミンのやるせなさ、ここまで状況証拠が揃いながらそれでも信じたくないエレンの叫び。半ば確信しつつもやはり罠にかけられていたことを寂しく思うアニ。

アニが人類を裏切った理由はいまだ定かではありませんが、Aパートの断片が示すように、彼女には彼女なりの理由があっての行動なのでしょうね。
「私は…戦士になり損ねた」
この言葉の中に答えがあるのでしょうか。


■とある科学の超電磁砲S
#22 「STUDY」

布束さんは何か弱みを握られて協力させられてるのかと思ったけど、裏切り扱いされるってことはもっと複雑な事情あってのことなのでしょうか。
でもやっぱり布束さんで安心しました。

テレスティーナはシスターズのことを知っていたんですね。
なるほど、美琴を実験動物扱いするはずです。


■げんしけん二代目
第11話 「いい最終回だった」

こんないい最終回見せられてしまうと、げんしけんってあとは斑目の幸福を探して終わりなのかなって気がしなくもありません。
その最大のカギを握ってそうなのが同性の波戸くんというのがげんしけんらしいけど。


■サーバント×サービス
第11話 「アテンション あなたを狙う 甘い罠」

三好さんはこのまま田中(孫)にほだされてしまうんでしょうか。
ルーシーと長谷部も、千早さんと一宮さんも応援してますが、田中(孫)は応援できない………。
  拍手する

ご無沙汰してます

気がついたら一ヶ月以上更新をサボってました。
Twitterで感想とかつぶやいているとそれで満足しちゃうのがオソロシイ。

■進撃の巨人

エレンの処遇検討以来、なんだか急に生臭くなった気がします。
この物語は巨人vs人類の戦いかと思っていたところへ、振って湧いたように現れた「人が操る巨人」の存在で、人vs人の争いになってしまいました。突然変異の巨人ではなく、人が壁を壊して巨人を招きいれた。これはテロリズムとかそういうものなんでしょうか?

女型巨人への備えをしてあったということは、少なくとも調査兵団上層部は「人が操る巨人の存在」をエレンの覚醒より前に知っていたことになりますね。そのあたりもいずれ明かされるのでしょうか。

アルミン・ジャン・ライナーで女型巨人に当たったとき、「死に急ぎ野郎の仇をとってくれ!」とアルミンが叫んだのはずっと疑問でした。
アルミンの意図が、女型巨人に「エレンがすでに死んだ」と情報を与えることで困惑させることにあったのは明らかです。しかしなぜ「死に急ぎ野郎」だったのでしょうか?
「死に急ぎ野郎」=「エレン」
それはごく限られた人間にしか伝わらない代名詞です。エレンの訓練生同期にしか。

アルミンが女型巨人の正体を訓練生同期に絞った理由は後に明かされましたが、女型巨人との遭遇からあの短時間でそこまでの事実にたどり着いたなら、恐るべきはアルミンの思考力です。
しかし、訓練生同期の主だった女性はほぼ調査兵団に志願しており、一連の遭遇戦の間にもその姿が確認されています。ミカサはもちろん、サシャもクリスタもユミルも。すると………?


リヴァイ班のみんなは強かった。。
しかし常道にとらわれたことが彼らの死を招きました。
一分間の再生時間。
通常の巨人狩りならば通用した常識がこの女型巨人には通じない。

キャラの立ったリヴァイ班を惜しげもなく殺しますね、この物語は。
でもよく考えればリヴァイ班のメンバーだってそれほど愛着があるわけではありません。エレンとの間の信頼関係だって希薄だし。
「そうなのエレン? 私たちのことが信じられないの!?」ってセリフがかなり薄ら寒く聞こえたのは私だけじゃありませんよね?
つい最近間違えて変身したエレンに敵意むき出しだったくせにどの口がって。
物語としては、リヴァイ班の死そのものよりも、部下を失ったリヴァイの心中や、長年入りたかった調査兵団の精鋭中の精鋭である集団に入れてその一員になりたがっていた矢先のエレンの失意を表現したかったのかもしれませんね。

無理を通して兵団を危機に陥れた部下に兵長が胸章を渡してましたが、死体回収もおっつかなかったものが胸章をとってこられるとは思えません。たぶんあれ、リヴァイ班の誰かのものですよね。兵長………。

思えばエレンって、兵士としてはただの一匹も巨人をしとめたことないんですね。


■とある科学の超電磁砲S
ようやく黒子たちを頼ったか………っ! 本来ならここはシスターズ編であってもよかった場面だけど、シスターズ編はまず禁書ありきのストーリーだから美琴が一人で背負わなければならなくてストレスでした…。
今度の敵は小物臭がひどくて、今から結末が楽しみです。
気にかかるのはなぜ布束さんが協力しているのか、ですが。
彼女はアイテムに捕らえられてからどうなって今に至るのでしょう。

■サーバント×サービス
千早さんと二人きりのときの塔子ちゃんは憎まれ口も叩かない、ちゃんとお礼も言える普通に可愛い女の子ですね。

■Flee!
江ちゃんはなんかBL的に邪魔にならない程度にみんなのそばにいられる綺麗どころとして配置されてますよね。ライバルの妹として遥に期待するポジションだけど、筋肉好きの性癖が恋愛感情に結びつくのをうまく阻害してるし。
  拍手する

ルーシーはあほかわいいなぁ。

■進撃の巨人
#16 「今、何をすべきか ―反撃前夜(3)―」

エレン周りの調査兵団新兵志願者が異様に多いわりに、エレンが理由ではないところが面白いですね。
エレンを理由としているのはミカサとアルミンくらいでしょう。
ジャンだけはエレンがきっかけになってるかもしれませんが。
他のみんなにはきっとそれぞれに抱えてるものがあるのだと思われます。進撃はどちらかというと群像劇の体を成してきていますので、これから個別のエピソードが楽しみですね。
ユミルはクリスタのことだけ見てましたね。彼女の入団理由はクリスタでしょうか。

ミカサはやっぱり根に持ってましたね………(笑
ミカサと兵長の絡みが楽しみです。たぶんミカサを力で押さえ込める唯一の人物でしょうし。

あの前回舌を噛んだ先輩はあれですね、げんしけんでいうところの朽木くんポジション。

エレンに課された責任は重過ぎますね。
それが自分では制御できない力だけに、エレンが気の毒になってきます。


■とある科学の超電磁砲S
#16 「姉妹」

ようやくシスターズ編が終わりましたね。
あんなに気合を入れたリニューアルがされても、やっぱり一度見てるエピソードだとそれほど楽しみにできなかったので、次回からはどうなるのか、やっと純粋に楽しみです。


■げんしけん二代目
第四話 「HIGE TO BOIN」

朝からずっと売り子して、午後は荻上を連れて帰って。これ、スーはまったく買い物してませんよね。本当に荻上ってばスーに愛されてるなぁ。

矢島っちは、典型的な「周囲はそんなに気にしてないのに自分はやたらと気にしてしまう」思考回路の持ち主ですね。初期の笹やんに近いところがあります。
大人になりきれてないというか、自分をうまく客観視できてないというか。
でもこういう人がいてこそのげんしけんです。

コミケで開始早々来てくれるって実はけっこうすごいことです。あれだけ数あるサークルの中で真っ先に自分のサークルに来ることを選択されたわけですから。
まあ基本的に、開場早々に買い物ができるということはサークル入場してるわけで、その人は描き手である可能性が高いわけですが。
ネットでは不評だったという荻上の新作ですが、ひょっとしたら一般受けはしなくとも描き手受けはする作風だったのかもしれませんね。

中島さんは彼女が荻上に抱えてる感情を色々と想像できる余地があって興味深いキャラクターです。彼女には彼女なりの愛憎や、ひょっとしたら後悔もあったんじゃないかと思うのですが。もう出ないんでしょうか。もっと見たいな。


■サーバント×サービス
第4話 「来週の 見えない危険に 要注意」

原作既読なのですが、サバ×サビはこの告白のあたりから面白くなった気がします。
WORKING!!もそうですが、職場での恋愛模様がメインですしね。


◆音泉 ノイタミナラジオ◆
ノイタミナラジオのあの花パートでめんまが怪談をしてくれてるのですが、あの花好きなら聴いておいて損はありませんよ!
  拍手する

ペトラさんかわいいにゃあ

■進撃の巨人
#15 「特別作戦班 ―反撃前夜(2)―」

ハンジはハンジで真剣に人類の未来を憂いて取り組んでいることがわかったけど、この人が根本的に変態だという事実は揺らがないのではないでしょうか。
兵長はわりと潔癖症or凝り性?
掃除してる姿に愛嬌がありましたね。
これがギャップ萌えというやつですか。

巨人の生態を調べることが人類の未来に貢献することは明らかです。
にもかかわらず殺した理由とは何か。
損得や大義をものともしない凝り固まった価値観のなせる業ではないでしょうか。
怪しいのはウォール教だけど、あの人らの主張もよくわからないからなんとも。。


■とある科学の超電磁砲S
#15 「最弱(かみじょうとうま)」

一通さんのプラズマが派手になってたのと、シスターズが風車に直接触れていたのは良い変更点でした。


■げんしけん二代目
第三話 「腐り姫の夢(デイドリームビリーバー)」

自分の恋心を指摘されたり、波戸くんをお酒に誘い損ねてもだえる斑目がもう。


■サーバント×サービス

AMNESIAの主人公ちゃんもそうだけど、こういう無防備系女子に弱いんですよ男は………。
  拍手する

神のみ女神篇には2クールほしい

■進撃の巨人
#14 「まだ目を見れない -反撃前夜(1)-」

彼らがエレンを排除したい理由は、駐屯兵団のヒステリー隊長と同じです。
自分に理解のできないものが怖いから、とにかく一刻も早く視界から消して安心したい。
どれだけ理屈をつけても結局感情なんですよね。
その点、最高責任者が利得を正しく判断できる人間であったことが幸いしました。
人間社会らしく面倒も多い世界ですが、上のほうにまともな人間がそろっているのが救いです。


■とある科学の超電磁砲S

上条さんが美琴を救う一連の流れは、禁書側から見ると盛り上がるんですが、超電磁砲側から見ると、主人公が必死にあがいて磨り減らしてどうにもならなかったことを、第三者が突然やってきて解決してしまうお話なんですよね。
ちょっとすっきりしないものが残ります。

一応、美琴側から見た上条や、一方通行の回想など、禁書では語られなかったパートもあるんですが、それはあくまで禁書の補完的な役割しか果たしてません。というか、これらは禁書でやってもよかったことなんじゃないでしょうか。超電磁砲じゃなければできないことでしょうか?

シスターズ編を超電磁砲として楽しめるかは黒子にかかってる気がします。
美琴を誰より思い遣りながらも、ずっと蚊帳の外だった彼女が、問題の解決した後にどうそれを受け入れるのか。そこに注目したいと思います。


■たまゆら~もあぐれっしぶ~

トモちゃんが実在しただって………っ!?

エア友達じゃなかったのかー。
  拍手する

ルーシーのおもち描写があざとい

■進撃の巨人
#13 「原初的欲求 -トロスト区攻防戦(9)-」

見入ってしまいました。
駐屯兵団の精鋭と呼ばれる彼らは、多くの石くれの中から人類が時間と予算と人員をかけて磨きだした、人類の財産のはずです。その彼らが、周囲に建物もなく立体起動のできない戦場で、無残な戦いを強いられ命を散らしていく。
それだけの価値をあの戦闘とも呼べぬ戦闘に見出したのですね。
部下であるミカサをよく理解し、エレンと作戦の価値も正しく認識していた優秀な指揮官・イアン・ディートリッヒが、部下を救い出して命を落としたときには本当に悔しかった。


■げんしけん二代目
第一話 「道のむこう、約束の場所」

なんてサブタイトルだ………。
それはともかく。

声優さん総入れ替えだそうですね。
前の声優さんにも思い入れがありますけど、それはそれとして新しい声優陣の演技を楽しみたいと思います。
大野さんは、ゆかなさんボイスになってダメ人間度が増した気がしますね。
波戸くんはどうするのかと思っていたら、男女二人の声優さんが務めるとは。

斑目は流されるまま合鍵を渡しちゃうようだから受けキャラ認定されちゃうんですよ。
  拍手する

八幡ってば戸塚のこと好きすぎでしょ

■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

終わってみれば今期でも一、二を争うくらいお気に入りのアニメでした。
王道へのアンチテーゼを唱える主人公が好きになってしまって。
一番心に響いたのは、学祭実行委員で孤軍奮闘する雪乃に他者を頼れと周囲が迫る中、八幡だけが雪乃をかばったことでしょうか。
一人で抱え込んでしまいがちな人にはわかるでしょうけれど、一人でやり続ける人にはその人なりの意地があるんです。周囲を頼れば楽になるのはわかってる。でもあえて頼らずにやる。そういう気持ち。
それを否定されることの寂しさを八幡は理解している。それが嬉しかったのです。

葉山たちのオープンなグループとは対照的に、少しずつ心を近づけていく奉仕部の面々が好きでした。それぞれお互いの中に、孤独な人間特有の価値観を見つけ共有していく。そんな過程が。

結衣役では、東山奈央さんの今までにない一面を見た気がします。本当に魅力的なヒロインでした。


■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

ディスクには特典としてドラマCDがついてきますけど、あやせのストーカーエピソードはそちらで補完するのでしょうか。TV放映だけ観た人には、あの写真を撮られたのは何だったの? という意味不明な場面でしたね。あのエピソードがあってこそ、あやせが自分の気持ちを抑えきれずに告白してしまった、という流れになると思うのですが………。

原作11巻のエピソードは大幅に改編。桐乃と京介の確執&桐乃と麻奈実の確執の始まりを、京介側ではなく、桐乃の側から描くという試みでした。原作既読組には興味深く観られたことと思いますが、アニメしか知らないとどうして京介が「普通」になってしまったのかがさっぱりわからない構成ですね。これは原作を読んでねってことでしょうか。

一番よかったのは、一期三話の京介と父親の対決を桐乃がこっそり聞いていたシーンの追加かな。桐乃、あのやりとりを知ってたんだ………。

エンディングイラストはAWの絵師・HIMAさんでした。麻奈実が可愛い………。


■進撃の巨人
#12 「傷 -トロスト区攻防戦(8)-」

ミカサがエレンに「私はミカサ、あなたの、家族!」語りかける場面でてっきり
「あなたの妻!」とか言うととっさに思った私はPixivに毒されていると思います。
しかし、決して人を攻撃しなかったエレン巨人がなぜミカサを。
………そんなに疎ましかったのかミカサが。

いえ、最初のときは「巨人を殺してやる!」という感情の強さが行動に表われただけで、今回は特にそれもなかったから、手近にある目標を攻撃しただけですよね? ね?
そうだと言って。

自分の声が届かないなら誰がやっても無駄だと言い切るところがミカサですよねぇ。
ミカサのあの「自分はエレンに愛されてる」という絶対の自信はいったいどこからきてるんでしょう。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。