スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

バイト戦士………強いっ!

■STEINS;GATE
#13「形而上のネクローシス」

取り急ぎ3時間前にタイムリープしたおかりんが直面したのは、避けられない結末。
まゆしぃの死を避けるためにおかりんがとった行動がまずいのはすぐにわかります。

1.仲間の誰にも協力を仰がず、独力で解決しようとしている。
2.3時間前というポイントに縛られている。


タイムリープの最大幅は48時間。にもかかわらず最初に3時間前のポイントにタイムリープしたのは、緊急時で操作に余裕がなかったからでしょうね。
でもそのせいでおかりんは余裕をなくしてしまい、仲間に事情を話して協力を仰ぐこともなく、二度目のタイムリープでも同じポイントに固執してしまってる。せっかくクリスティーナが事情を察してくれたのに。

これはおかりんが冷静さを取り戻せば解決される問題でしょう。次回はそれに期待するとして、残る問題は三度目の死因。SERNではなく小動物による不慮の死がまゆしぃを襲ったことです。これはいわゆる歴史の修正力というものなんでしょうか? これではどこに逃げようとまゆしぃは死ななくてはならない。これを回避することは果たして可能なのか?

機械時計やデジタルロックばかりではなく、砂時計まで止まるとは不思議な現象ですが、これが避けられない運命、あるいは歴史修正の失敗を示しているように見えます。時計を止めずにあの時間を迎えるまでに、おかりんはあと何度同じ時間を繰り返すのでしょうね。


レンブラント光線。
天使の梯子とも呼ばれることは村山由佳の小説で知りました。
まゆしぃの人質云々にはこんな切ないエピソードがあったんですね。てっきりおかりんがラボに引きずり込むために使った方便だとばかり。

幼き日に始めたマッドサイエンティストと人質ごっこ。
事情を話さずとも従ってくれる信頼関係。
二人きりの旅行にも動じないまゆしぃ。
ストーリー的にはおかりんとまゆしぃの繋がりの強さが感じられて、ますます彼女の生存を願わずにはいられません。
最近はクリスティーナがリードしてましたが、ここ二話くらいは完全にまゆしぃがヒロインですね。

こういう同じ時間を繰り返す物語では、登場人物の真剣さとは反比例して目的   この場合はまゆしぃの命が、視聴者に軽く感じられてこないか、それが心配です。
  拍手する

Steins;Gate #12「静止限界のドグマ」

まゆしぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!



……何も殺すことないじゃありませんか。
おのれシャイニングフィンガーめ。
Cold-heartednessと改名してしまえ。
これを機に花澤さんが桑島さんの後継者と呼ばれるようになったらどうしてくれる。
ただでさえもしドラの夕紀役を演った後なのにっ。

シャイニングフィンガーはSERNの人間だったのですね。だとしたらどうしてIBN5100を探していたのでしょう? SERNはすでにそのプログラム言語を解析済みだからこそ、重要文書   ゼリーマンズレポートなどの暗号化に使用していたのではないのですか?

あの警告メールはシャイニングフィンガーが送ったものだったんでしょうか?
でもおかりんに警告するメリットがありませんよね?
研究結果ごと持ち去る気なら、おかりんたちには調子に乗ってもらってたほうが都合がいいはずです。余計な警戒心など邪魔なだけ。実際におかりんはこの件を公表することで、自分たちの安全を確保しようとしてたわけですし。
ではこれが彼女の本意ではなかったとしたらどうでしょう。
シャイニングフィンガーの心にも何か迷いがあったようですし、彼女を完全な悪役と決め付けていいものかどうか。いえ、だからといって引き金を引いた罪は少しも減じるものではありませんが。
前回街中での出会い頭に尋ねた「タイムマシンは破棄した?」も気にかかります。まるでおかりんたちの身に危険が迫るのを危惧しているように聞こえます。そもそも、破棄するなんて言葉が出てくること自体に違和感がある。だってそんな話は一度もしてません。もしそれに繋がるような出来事があったとすれば、それはあの警告メールに他なりません。やっぱりあの警告メールは彼女が発したものかなぁ。


おかりんがずっと考えていたのは引き際だったんですね。
これを誰にも相談せず、一人で決めたのは偉い。
公表することを決めたおかりん。
即同意したダル。
岡部がそれでいいのなら、と頷いたクリスティーナ。
満面の笑顔で賛成したまゆしぃ。
この場面、大好きです。何度も見返してしまう。第一話の時点では、おかりんたちのことがこれほど好きになるとは夢にも思いませんでした。こんなにも人間的なメンバーだとは。

「まゆりは、ずっと前から、やめるべきだと思っていたのかもしれない」
「岡部ともさっき話してたの。このラボのこと、一番冷静に見てたのはまゆりだったのかもって」

実験にはほとんど何も貢献していないまゆしぃですが、彼女がいるからこそラボはうまく回っていたのかもしれませんね。一服の清涼剤であったり、潤滑油であったり、心の支えであったり。
今回にわかにラボでの存在感を増したまゆしぃ。パーティではダルが見えみえの死亡フラグ立ててましたけど、まゆしぃのこれこそが死亡フラグでした。

「あたしはキミのことをキミ以上に知ってる。キミが本質的にどういう人間で、これからどういうことをやっていくかも」
クリスティーナの未来は今の時点ではわかりませんが、彼女はおかりんが止めなければどこまでも実験研究を続けただろうと、それだけはわかります。彼女は父親を失っても研究から身を引かなかったのですから。だからこそ、彼女の傍らにはおかりんのような人間が必要なのでしょう。
仮に彼女がSERNの内部においてだけ研究を許される身となったとしたら   

「迷ったら攻める。それがあたしのモットーだよっ」
こういうところがタイターの知的なイメージと重ならないんですよねー。
状況的には彼女がジョン・タイター最有力候補なんだけど、本人を見てるとどうしても確信が揺らぐ(笑

「せいぜい今のうちに味わっておくがいい。人生最後のデザートをな!」
………かつてこれほど捨てゼリフの似合う主人公がいたでござろうか(笑

「……もう大丈夫だね。まゆしぃが人質じゃなくても」
この経緯は語られてませんが、彼女はラボメンNo.002。素直に傍にいてくれと頼めないおかりんが人質という名目でまゆしぃをラボに引きずり込んだことは想像に難くありません。
その彼女からの、最大の祝福ですね。聞いてて泣きそうになりました。まさかこの後あんな悲劇が待ち構えてるとは思わなくて。この時点では幸福感に満たされていたのに。
  拍手する

お風呂のぞかれたにしては反応薄いぞまゆしぃ

■STEINS;GATE
#11「時空境界のドグマ」

正体のわからない観察者の恐怖。

クリスがSERNのスパイだと教えたバイト戦士の意図はどこにあるのでしょうね。
彼女が未来人であることはほぼ疑いのないところだと思うのですが、未来人だからこそ、いつも真実を言っているとは限りません。未来人の目的は常に過去のコントロールにあるからです。
しかし一方で、彼女がおかりんの味方側についてることも疑いたくないんですよね。

たしかにクリスティーナがスパイであれば、大抵の説明はつくんですよね。
ラボの研究がもれてることも、いつの間にかSERNとラボのPCが繋がっていたことも。
それだけではなく、クリスティーナがラボメンになった経緯にも納得がいきます。思わせぶりな出会いをしたおかりんの真意を確かめようとラボを訪れる気になったのは、自身が知られたくない秘密を抱えていたからだとすれば。
だとしたら、今彼女が見せている弱さは全ておかりんを信用させるための芝居ということになりますが………?

でもラボの研究をある程度知っていて警告を寄越しそうな人間といえばもう一人、シャイニングフィンガーもそうですよね。ちょうど今回、タイムリープに取り掛かったことをまゆしぃが話しちゃったわけですから、タイミングも合う。

しかし警告にあれほど怯えながらも、おかりんは誰にも相談しようとはしないんですね。あるいはタイムリープを完成させることでなんらかの対策が打てると思っているのでしょうか?


「わーかったわかった。そうなったら色仕掛けだね」
どうやら未来の世界おいては「色仕掛け」という言葉の意味が大きく変化しているようですね。

「つまり、まゆしぃはお話したことを覚えてるのに、おかりんは全然知らないってことになるの?」
「だとしたらね……なんだか寂しいね」
「俺が?」
「ううん。…まゆしぃが」

この孤独は、それこそ今のおかりんが味わっているものですよね。それを慮っての言葉でしょうか。
それともさらなる孤独に足を踏み入れようとするおかりんへの、まゆしぃなりの忠告でしょうか。
  拍手する

野菜は………偉大だ

■STEINS;GATE
#10「相生のホメオスタシス」

物語が静かに動き始めた………のでしょうか?
いくら電話レンジ(仮)を手に入れたとはいえ、あんな秋葉原の一角からどう物語が動くのかと思いましたが、オカリンたちの動きを見張る第三者がいるのなら話は別です。
オカリンが物語の主人公になる動機は正義感や好奇心などではなく、大切な仲間と居場所を守りたいという、そんな等身大の、温かい血の通った理由からという展開になるのでしょうか。そうなるのに十分なだけの繋がりを、これまでの10話で見せてくれています。

今わかっている理屈だけでは説明のつけられない出来事がいくつかありましたね。
るか子の性別もそうですが、フェイリスの過去改変は相当に大きな変化を生んだにもかかわらず、人間関係にほとんど乱れはなかった。これはどのような理由からなのでしょう。そこになんらかの力が働いたのだとしても、法則があるはずです。現にシャイニングフィンガーのように離れた人もいれば、バイト戦士のように戻ってきた人もいる。
…うん? どちらも怪しさ満点の人だけですね。

さーて、バイト戦士の父親についてですが、タイムマシンOFF会に参加予定だったけど行かなかった人が作中に一人だけ登場してますが、…………そこから導き出される推測を書くのを指が拒否したためさっぱりわかりません。
STEINS;GATE最大の謎だね!
ってことで。
というか、実の父親の手がかりがハンドルネームだけというのはどういうことなの。。

オカリンが寝込んだのって10年前ってことになるのでしょうか。
どうもここにポイントが集中していますね。オカリンの覚醒(?)、フェイリスの過去改変ポイント、2000年に訪れたという前の世界線のタイター、IBN5100の奉納時期。その他にもあったような。


「大丈夫。貧乳は正義なんだよ」
胸揺らしながら言うなまゆしぃ。

「拷問!? まさか、牧瀬紅莉栖に?」
未来における紅莉栖は何をやらかした人なんでしょう………。

「俺は……友達が欲しかっただけなのかもな」
オカリンのくせに、なに素直になってんだよ恥ずかしい。
というか助手とのやりとりが赤面ものでした。暗いのをいいことに普段決して交わせないような会話を繰り転げる二人ですが、あれ絶対他のメンバーにも聞こえてますよね。ちょっといい加減にしろおまえらー、と文句のひとつも言いたくなります。

まゆしぃが昔話を始めたときは、思わず少年野球大会の思い出を語りだすのかと身構えてしまいました。
ではみなさんまた来週。
エル・プサィ・コンガリィ。
  拍手する

上目遣いのままお茶を飲むまゆしぃ可愛かったですねぇ

■STEINS;GATE
#09「幻相のホメオスタシス」

いや待て。
なぜそこから始める。
何か大切なことを忘れてないか。
ルカ子の性別は結局どうなったのだ!


………すみません。
つい取り乱してしまいました。

いやー背筋がぞくっとしましたね。
これは怖い。
メールひとつで世界が変わる恐怖をオカリンと一緒に味わいました。
それに、世界線を越えて記憶を持ち続けられるということは、その世界線における過去の記憶を誰とも共有できないってことなんですね。今回のはもう記憶の齟齬で片付くレベルではありません。世界から取り残された感がすさまじい。
OPの“孤独な観測者”とはオカリンのことでしたか。

「でも、まゆしぃはあんまりああいうことしてほしくないんだけどなぁ」
「なんか、オカリンが遠くに行っちゃう感じがするのです」

ある意味遠くに行ってしまったのかもしれませんね。まゆしぃのような人は感覚的に真実にたどりつくから凄い。

もうひとつ鍵になるのがIBN5100の行方のようですね。
世界線を移動するたび消息が遠のいています。そもそも最初に入手したときの奉納者のメッセージも気にかかります。まるでオカリンが取りにくるのを知っていたようではありませんか。
シャイニングフィンガーが過去改変でラボから姿を消したとき、あるいは彼女こそが持ち去った犯人かと思いましたが、そうでもないのかな? 彼女が実はオカリンと同じリーディングシュタイナーの持ち主で、過去の自分にメールを送って柳林神社からIBN5100を持ち去ったのかと思ったのですが、とんだ見当違いでしたか。
そもそも彼女がどうしてIBN5100を欲しているのかもわからないままですしね。
FBってなんやねん。

フェイリスの願いというのはおそらく父親関連でしょうね。
10年前、父娘の間に何か仲違いの種があったのでしょうか。もしくは両親の離婚。最悪、父親が死んでいたという可能性もありますね。原因が事故であるならば回避は容易です。
結果、父親を取り戻した彼女は自分の寂しさを埋める必要もなく、秋葉原に萌えをもたらすこともなかった。そんなところでしょうか。
しかし同人誌を買うために中野まで行かなきゃならないなんて。。
  拍手する

STEINS;GATE #01「始まりと終わりのプロローグ」

初見ではさっぱりわけわかめだった第一話。
アニメも結構進んできたのでそろそろわかるかな? と思って見返してみました。

◆Aパートで話しかけてきたクリスが、「15分前にも会った」と主張していること

人間が時間移動するタイプの話ならわかるのですが、ここではメールしか移動できません。にもかかわらず15分前に会ったはずの記憶がオカリンにはない。
第一話における世界線の移動は一度かと思っていましたが、実は二度行われていたのでしょうか。つまりこのアニメが始まったときか始まる直前あたりでオカリンはすでに世界線を一度移動してるんでしょうね。

◆秋葉原の道路の真ん中で世界線が移動したこと

電子レンジ(仮)のあるラボではなく、なぜあの場所でということですが、ちょうどあのタイミングでダルが電子レンジ(仮)の実験をしていたから?
直前に送られてきた件名なしの添付メールも怪しいのですが、あれがどういう役割を果たしたのかはわかりません。

◆結局何が起きていたの?

どういう流れかはわかりませんが、たぶんあれはクリスの死を避けるためだったのではないでしょうか。
Aパートのクリスが会ったという15分前のオカリンは、初対面なのに「何か言いたそうな顔をしていた」ということですから、おそらくそのとき、第二話冒頭の大学での出会いと似たようなやりとりが前の世界線でもあったのではないかと推察されます。
つまりクリスの死を避けるための改変は、アニメ第一話の二回だけではなく、何度も行われていた。最低でも三回。試行錯誤を繰り返すように。そうしてクリスの行動を変化させ、結果オカリンとの出会いのタイミングも徐々に後ろへずれていった。そういうことなのでしょうか。

だとしたら、今私たちが見ているのはすでにクリスの死を回避することに成功した世界線ということになりますね。

◆秋葉原ど真ん中での改変の前後で、タイターの出現時期が2000年から現在に変わったのはなぜ?

たかだか5日前にメールを送ったことが原因だとすれば大きすぎる変化ですが、よくよく考えてみればタイターは未来人です。つまり、メールだけが原因ではなく、メールによってクリスの死を回避することに成功した世界線だからこそ、タイターの出現が2000年から現在にずれたということなのでしょうか。2000年に訪れたタイターはクリスが死んだ世界線のタイターであり、現在に訪れたタイターはクリスの死を回避成功した世界線のタイターだと考えれば納得がいきます。


とはいえわかるのはそこまでで、あとは謎だらけです。

1.なぜクリスは死ぬ(殺される)のか?
2.クリスが死んだというメールをダルに送っただけでなぜ中鉢博士の会見が中止になったのか?
3.ラジ館に墜落したのは本当に人口衛星なの? 改変前は無事に着陸したうえ、傍に人がいたよね。ひょっとしてあれはタイムマシン?
4.オカリンに送られてきた添付メールの正体とその送り主は?

………わからないことだらけですねぇ。見返すのはまだ早かったようです。
最終回で全ての謎が解けたら、この記事がてんで見当違いな推測だらけで恥ずかしい思いをするのかもしれませんねぇ。でもシュタゲのような作品は、あれこれ推測するのが楽しいと思うのですよ。
  拍手する

STEINS;GATE #08「夢幻のホメオスタシス」

あらら。シャイニングフィンガーが脱落しちゃいましたね。
彼女がタイターである可能性も考えていたのですが、これは違うかな? IBN5100を欲しがっている点、自分の足跡をやたら形に残したがる点などが怪しかったので。でも彼女がタイターであるのなら、過去をいじる危険性もわかってるはずなので、実験で自分の過去を改変するわけがありません。しかしだとすると、彼女は何者なんでしょう。
逆にバイト戦士はますます怪しい。ジョン・タイターの話題に食いつきすぎです。「涼宮ハルヒ」の朝比奈さんが完璧な時間駐在員というのも納得しますね。バイト戦士はちょっとうかつすぎる気もしますが。

「聞いたことがあるんです。赤ちゃんがお腹にいるときに、お肉をいっぱい食べると男の子が、野菜をいっぱい食べると女の子が生まれるって」
いやいや待て待てルカ子よ。それが本当なら肉食文化のなかった江戸時代以前の日本の男女比は大変なことになってしまう。よしなが先生の『大奥』が現実のものに(笑
でもそれはありえないけど本人の気が済むのなら、と協力するオカリンは優しいですね。基本彼は仲間思いです。ルカ子に与えたラボメンナンバーは6でした。いなくなったシャイニングフィンガーのナンバーを欠番にしたのですね。

しかし実験の結果が気になります。ここで次回に続くとかひどい。
もしあれで女の子になっていたらそれはそれでびっくりですけどね。男性が女性になるってすごい変化だと思うのに、それでもなおほとんど今と変わらぬ人間関係を築いていたとしたら、現在のルカ子は社会的にほとんど女性ということになりませんか?

癒し系だと思っていたまゆしぃが、コスプレ絡むと人格変わることにびっくり。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。