スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第十章 吹雪の夜

「ねえ、ウェルキン。あなたのことだから、きっと理由があって言ってるんだと思うけど、本当に吹雪なんてくるの?」
「もしかしたら、ただサボりたいだけかも、って」

以前よりは信頼を得ているようですけど、まだ全幅の、とまではいかないようですね。
まあこれくらいでちょうどいいのかな。イエスマンになってもらってもつまんないですし。

遺跡で閉じ込められた一件から、二人がなんだかいい雰囲気です。
「何か話して………あなたのことでも」
と水を向けられてフンコロガシだのチヂレバエだのヌレウミウシの話をおもむろに始めようとするウェルキンはさすがですね(笑 まあ結局はお互いの身の上話から最後には見詰め合ってしまうわけですが。
せっかくのチャンスにヘタレたウェルキンですが、思えば彼はこれが初恋なのでしょうし、思春期の少年並みの情緒とすれば無理もない反応なのかも。
ウェルキンの父・ギュンター将軍の人柄が少し語られましたね。なんとなく厳格な人をイメージしてましたが、なかなかの人格者のようです。考えてみれば、友人の忘れ形見を引き取る人ようなですものね。

しかしここで空気を読まない闖入者登場。
ウェルキンは一件のんきに見えて、実は非常に合理的な思考で事を運ぼうとする人間です。緊迫した場面にあって実に冷静な判断を下しますが、それでは事態は収まらない。銃を構え合ったまま矢継ぎ早に相手を説得しようとする場面ではジャック・バウアーを思い出してしまいました(笑
何か全員が助かる方法はないのか………っ!
それでもこのような考えを捨てないところが実にウェルキンらしいのですが。

手詰まりな状況を打開したのは、計算を超えたところから発せられるアリシアの心からの訴えでした。ウェルキンがアリシアに惹かれた理由をあえて挙げるとしたら、やはり彼女のこういう理屈に拠らない行動力なんでしょうね。最後の方はウェルキンも彼女に感化されてる様子が覗えます。

脱走兵を弔った敵兵に敬意を表して追わなかった帝国の隊長の決断にちょっと救われました。
彼の立場上、追っ手を出さないわけには行かなかったのでしょうけれど、やりきれない思いがあったことをうかがわせます。ミヒャエルの名前を口にしたときの調子がほんの少しだけ哀しげに聞こえました。

この物語が英雄譚なのかどうか私はまだ知りませんが、生粋の軍人ではなく自らの生活を取り戻すために戦っている、そういう人々の物語なのだと改めて思わされる回でした。

残された小隊メンバーでも隊長の帰還をめぐってひと悶着。
でもこれも隊がまとまっていくために必要な過程ですね。
ゲイのヤンがいい仕事してました。こういうオープンなゲイの人って信用できそう。男性には好意を示しつつも無理に迫ったりせず、女性とは下心なく友達になれる、そんな特殊な立場にある気がします。


Fate雑記さま、夏コミ告知絵の捕捉ありがとうございました。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第9章 蒼き魔女

20090531.jpg
大原さやかさん(セルベリア役)が、役の上とはいえ福山潤さん(マクシミリアン役)の下につくのは屈辱だと言っておられたそうです(笑
「xxxHOLiC」の侑子さんと四月一日とか、「コードギアス」の会長とルルーシュとか、大原さんが福山さんをあごでつかう役が多かったですものね。共演の多い二人ならではの冗談です。

今回の語り部はセルベリアの補佐官として中央から配属された若手将校。
陰謀に利用された挙句に切り捨てられそうになったところをセルベリアとイェーガーに救われ忠実な部下となる、というオチでしたが、正直有能な将校とは言いがたいですよね。
セルベリアを遠ざけろという命令を受けた時点でそれがどういう意図から発せられたのか考えるべきでした。その上で自分の役割を全うしようとしていたのならまだ骨があるのですけどねー。
必要な情報を聞きだした後にセルベリアたちに殺されなかったのは、ひとえにその無能さゆえです。使えないけど忠実な部下にはなるだろうと見逃されたのですね。残酷な言い方をすれば。

暗殺を企んだのは兄とその取り巻きでしたが、なんでしょうこの漂う小物臭は(笑
皇太子は、取り巻きに対しても猜疑心を隠せず、自分の責任を回避することも忘れないという臆病な男。これはマクシミリアンの敵ではないなぁ。
マクシミリアンとはどうやら異母兄弟のようです。「汚れた血を継ぐ」弟と見下していましたが、マクシミリアンの母は民間の出か、他民族から嫁いだか。

マクシミリアンは中央からの出頭命令が来た時点で暗殺計画を察していたようです。にもかかわらず単身赴いた彼の意図はどこにあったのでしょう?
手練の刺客を自ら撃退したのですから剣の腕には自信があるのでしょうけど、一人でどうにかできると思うほど愚かではないでしょう。たまたま剣で向かってきたからいいものの、銃で囲まれればひとたまりもないはずです。
ならばやはり、命令に背いてもセルベリアが助けに来ることを計算に入れていたとしか思えません。自らの命を差し出してセルベリアの自主性を育てたのかな。

何も考えず命令に従うだけだった若手将校と、命令を重んじながらも自ら考え行動したセルベリア。
臆病で猜疑心の強い皇太子と、自分を危険に晒しても部下を信じたマクシミリアン。
この二組の対比がこの話の狙いだったのかな。


Fate雑記さま、ハルヒ原稿の捕捉ありがとうございました。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第8話 紐解かれる歴史

ラマールは前回の件で反省したと思ったら、ますます悪化してましたね(笑
意味のない突っかかり方するわ、やつ当たるわ、自分の痛みだけ主張するわ。。
後々、この日の自分の言動を思い出して恥ずかしさに悶絶するといいですよ。

マクシミリアンの目的は、古のヴァルキュリア人が残した碑文にあったようです。再び世界を統べるための理とは何でしょう? ヴァルキュリア人が衰退したこととも関係あるのかな? 物語の根幹に関わってきそうな予感がします。

アリシアは敵意満々でしたが無理もありませんね。相手はガリア侵攻の総司令官。アリシアの故郷を奪った張本人です。その相手から、いまだガリアの領土である地で我が物顔に立ち去れなんて言われたらそれは腹も立つことでしょう。
ですが相手の気持ちにいちいち斟酌していたら侵略軍司令官など務まりません。アリシアの警告を虫のごとく完璧に無視したうえ、相手が残っていようが構わず遺跡を破壊するのでした。その秘密を己一人のものとするために。

崩れ落ちた遺跡に閉じ込められたアリシアとファルディオ。アリシアはもうちょっと不安がってもいいはずなのに、それどころか、落ち込むファルディオを元気づける大物っぷり。このあたり、取り乱して他者を責めるだけのラマールとはいい対比ですね。あの場面で笑える女の子とか、私がファルディオだったら惚れますよ。
ウェルキンへの信頼もずいぶん育ってました。理屈抜きに相手を信じられるというのは相当に強い絆の証です。

そのウェルキンですが、アリシアを女性として意識した初めてのシーンだったかも?
アリシアの存在を重んじ、大切に思っているのは今までにも感じられましたが、この変化は気になるところです。てか遅いよ。もう8話だよっ。ひょっとしてこのアニメって2クール?

次回は帝国側のお話みたいです。ラストでイェーガーが帝国中央の動きを気にしていましたから、そのあたりかな?
「準」皇太子というのも微妙な立場なのかも。有能であればなおさらのこと。


Fate雑記さま、七咲の捕捉ありがとうございました。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第7話 ダルクスの災厄

20090517.jpg
バーロット大尉はお怒りです。内心こんなだったに違いない。

「きみなら家柄も申し分ない」
「必ずやダモン将軍のお役に立ってみせましょう」

正規軍の体質と無能さを端的に表した場面でした。ただこういうやり取りが堂々とまかり通ってしまうガリア公国軍の体質は厄介です。どれほど手柄をたてようと戦略レベルで軍の方針にかかわることができないわけですから。
足を引っ張るのはむしろ正規軍なので、義勇軍はできるだけ正規軍との共同作戦がないことを祈るばかりです。

義勇軍とはいえその全てが民兵だけで構成されているはずがありません。バーロット大尉たちは義勇軍を率いるため正規軍から派遣された生粋の軍人なのでしょう。それもおそらくは、出世のためのツテがない、それゆえ実力で昇進した人材。ダモン将軍たちからすれば体よく追い出したドロップアウト組なのじゃないかと。

ラマールはまあ、一言で言ってしまえば子供なのだと思います。
第七小隊を貶めるためにダルクス人を蔑んでおきながら、ダルクスの災厄を神話だと言う。ダルクス人が忌み嫌われるのはその災厄が根拠になっているというのに、それを神話=ただの言い伝えだと言ってしまってどうするのでしょう。
その矛盾を矛盾だと気づかない。つまりは深く考えたことがないのです。ただ親や世間から教わったことを素直に受け取り、疑問を抱かない。よく言えば純朴なのですが。

一人残ると言うイサラに対して「なんだよそれ、当てこすりのつもりか!?」とむきになる反応も子供ですね。
人を傷つけたなら自分が傷つけられることは当然覚悟しなければなりません。他者を非難するという行為には必ず反動がつきまとうのです。それさえもわかっていない。かの皇帝ルルーシュも言っておられました。「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるヤツだけ」なのです。
結局彼はその純朴さゆえに己の失言を反省し、イサラの護衛をかってでることになるわけですが。

「え………、だってあの子、ファルディオ大好きじゃない」
いやちょっと待ちなさいアリシアさん(笑
それはあれですか、アリシアの中でラマール×ファルディオが確定してたという意味ですか(笑
たぶんウェルキンの言うとおりアリシアの考える「好き」が未分化だったというだけなんでしょうけど。

ダルクスの災厄   欲深いダルクス人をヴァルキュリア人が滅ぼしたという伝承ですが、結局は勝利した側のつくった歴史なのでどれだけあてになることか。まして当のヴァルキュリア人さえ民族自体が衰退しています。
イサラやその父親がダルクス人の性質を正しく受け継いでいるなら、ダルクス人というのは古代において高い文明を誇っていたのかもしれません。農業技術・精製技術が進んでるだけでも他民族からすれば羨むほどの富を手にしていたことでしょう。それが原因で起きたヴァルキュリア人による侵略戦争だった可能性さえあります。
本当のところはまだわかりませんが、碑文を見たファルディオの反応を見る限り、言い伝えとは違う事実が見つかったようですね。

グレゴールとイェーガーはかつて戦ったことがあるようです。イェーガーは帝国が吸収した国の将軍で、それをマクシミリアンが召抱えたとか? どうやらイェーガーの勝ちだったようですから、やはり油断ならない。
グレゴールがエーデルワイスに固執してましたね。戦闘中、彼は本陣で報告を受けていただけだったのでちょっと不自然に映るかも。エーデルワイスの超性能をグレゴールが直に目にするシーンがあればよかったのに。

今週のアリシアはベーカリーを開いたりラマールを振り回したりでなかなか素敵でした。遺跡一番乗りにはしゃいでみたり。元々ああいう鷹揚な少女だと映ってましたので。ファルディオともすっかり仲良しさんです。井上麻里奈さんのブログを見ると、アリシアの性格ってゲームとアニメで異なるようですね。ゲームのアリシアはもう少し素朴な女の子みたい。
遺跡ではアリシアが触れたことで奥への扉が開いたように見えましたけどどういうことでしょう。セルベリアは見るからにただ者ではないし、おそらくヴァルキュリア人の末裔か何かなのでしょうけれど。ゲームのCMでなんか青く光って飛んでたし(笑

そういえば井上麻里奈さんって絵がお上手なんですねー。アリシアのイラスト見ましたけど可愛かった~。


Fate雑記さま、好き好き大好きっさま、七咲の捕捉ありがとうございました。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第6話 従軍記者、奮闘す!

アリシア・メルキオット痴女疑惑。

第4話と違い、本格的な休息話でしたね。
戦ヴァルは戦争モノでありながらどこか牧歌的な空気が気に入っているので、できるだけこんな感じで続けてほしいですね。いつかは暗い展開になってしまうのでしょうけれど、どうかそれまでは。
ラルゴとロージーだけしか声がついてなかったこれまでとはうって変わり、他の隊員たちもようやくしゃべり始めました。
ラルゴの野菜好きは意外でした。アンタ、キャラが違うぞと思わず突っ込みそうになりました。よーくEDを見れば畑を耕してますね。「オレの野菜を食えないっていうのか~?」とか言ってましたけど、まさか本当に自家栽培なんでしょうか。。
イーディーの声優さんはラジオのパーソナリティを務めてますが、ようやく出番が来ましたね。次の更新では歓喜の声が聞けることでしょう。ラジオドラマでわかってましたけど、タカビーというかお嬢様系というか。ホーマーとはお嬢様と従者みたいな感じで仲良くやっていくのでしょうか。
ヤンはもうギャグキャラとしての地位を確立しましたね。
アリシアが取材妨害に奔走してる間に、マリーナがハンスの飼い主に名乗りをあげたようです。この人、ヴァーゼル橋奪還戦でチラッと見たときには美形な男性兵士かと思ってましたけど、どうやら女性だったようです。女性のほとんどが絶対領域の義勇軍で、彼女は珍しくキュロットなんですよね。それもあって勘違いしてました。そういえば義勇軍の軍服がミニスカートなことについては、公式サイトで鬼頭先生が応援マンガを描かれています。
イサラが取材を受けてる後ろで坊主頭が嬉しそうにウンウン頷いていたり、第一小隊の隊長自慢に対抗意識燃やしたりで、ウェルキンも隊員たちに慕われ始めてることがうかがえます。戦闘には勝利して隊員に被害を出さないのがいい隊長の条件だとしたら、ウェルキンはまさに理想の隊長と言えますからね。

アリシアの取材妨害ですが、あれって見ようによってはアリシアとエレットでウェルキンを取り合ってるようにも映りますよね。肝心のウェルキンの反応はさっぱりですが。アリシアに「離れないから」と言われても、エレットに迫られても無反応だし。ひょっとして女性に興味ないんじゃなかろうかと少し心配になります。
エレットに取引をもちかけたときは、彼女がラジオのパーソナリティであることを活かして何か仕掛けるのかと思いましたが、食材の提供でしたか。。ことごとく期待を外してくれるなぁ(笑
隊員のガス抜きというのはいい狙いですが、正直ここの隊員にそれほど鬱憤はたまってないと思いますよ? 交流を深めるためのレクリエーションにはなったようですが。
あんなか弱そうなイサラを背後から襲おうとした男はスパナで殴られても仕方ないと思います。

次回予告、第一小隊の副官がイサラに頬を赤らめてましたね。フォモじゃなかったのか。。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第5話 クローデン奇襲戦

20090503.jpg
アリシアは今後、兵士の信仰の対象みたいになっていくのかな。
銃弾飛び交う中、先陣を切って突撃していく女性兵士。彼女の参加した戦闘は全て勝利。あの背中に続けば生き残れる。そういう英雄信仰。
まあそうでなくても女の子に先頭に立たれたら後ろの兵士も奮起せざるを得ないわけですが。
今のところは新兵丸出しで危なっかしさだけが目立ってますけどね。

塹壕や狙撃兵を見てアリシアが突撃ルートを判断する場面は「あ、戦略SLGっぽい」と思いました(笑 ほら、戦略ユニットを動かして敵地を攻め落とすタイプのゲームです。
アリシアは「うたわれるもの」でいうところのトウカみたいなタイプかな。機動力と攻撃力に優れたユニット。

アリシアはブルール撤退戦でもヴァーゼル橋奪還戦でも迷いというものがなかったのですっかり覚悟ができてるものかと思っていましたが、ここにきてようやく戦闘への恐怖を見せましたね。ちょっと遅いかなと思わなくもないですけど、やっぱりこういう描写はほしいですよね、一度は。
その恐怖をやわらげたのがウェルキンではなくファルディオというのがなかなか複雑ですが。あでも、決め手はウェルキンへの信頼でしたか。

イェーガーと対峙したときの戦火を背負ったアリシアは格好よかったですねー。
あそこで梶浦由記さんの曲でも流れれば完璧だったのですが、そんなものを流したら覚醒したアリシアによる一方的な虐殺が始まってしまいます(笑

ファルディオはアリシアにコナかけてるっぽいですが、どちらかというと危なっかしい妹を見守るお兄さんのような視線です。でもちょっと気持ちわかるなぁ。アリシアの魅力ってうまくいえないんですけど、目が離せないタイプですよね。

戦闘については色々突っ込みどころ満載ですが事細かには言及しません。そういうアニメではないと思ってますので。
でもやっぱり帝国軍のもろさは気になったかなぁ。というか、敗因のほとんどを戦闘シーンではなくグレゴール少将のセリフで説明されてしまったところに説得力不足を感じます。小説じゃなくアニメなんですからもう少しそのあたりは頑張ってほしい。
今回のグレゴール少将はお粗末と言われても仕方のない指揮でしたね。自ら敵を侮っておざなりな命令しか出さなかった上に、部下には精神論を押し付けるだけ。そりゃ負けますよ。引き際を誤らなかったのだけが救いです。
次はもっと気をつけるでしょうけど、この人は正面対決には強くてもイレギュラーには弱そうだなぁ。一方、イェーガー少将にはそういった弱点もなさそう。手強いのはこっちか。

次回予告、アリシア崩れすぎです(笑

▼拍手お返事

続きを読む »

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第4話 束の間の休日

「アリシア………さあ、俺と仲良くなろう」
と軍服の前をはだけたままにじり寄ってくるファルディオを期待していたんですが、普通にいい人でしたね。彼の言うとおり、軍隊でいちいち男の裸に反応していたら身がもちませんよアリシア。
第七小隊が華やかだとうらやむファルディオですが、その第一小隊ではひそかにBLが進行しているようですよ?

敵の陣営がようやく明らかになりましたね。
見るからに常勝不敗って感じの皇帝ルルーシュマクシミリアン準皇太子。冷酷なグレゴール少将。一癖ありそうなイェーガー少将。帝国よりもマクシミリアン個人に忠実そうなセルベリア。
全員見るからに有能そうですねー。三国志でいうなら夏侯惇夏侯淵に忠臣典韋を従えた曹操といったところでしょうか。いやむしろ荀程? ……いい加減三国志に例えるのはよせ私。
でも、うん、やっぱり敵方はこうでなくちゃいけません。

そして敵が有能ならば、必ず登場しなくてはならないのが味方の無能な上官っ!
ダモン将軍は期待を裏切らず無能な人でしたね。敵の補給路を潰すという基本中の基本は押さえていたものの、指揮能力は皆無。おそらくは、味方部隊を囮に差し出したグレゴールの罠にまんまと食いついて深追いし、包囲殲滅されたのでしょう。
貴族出身で気位が高く、義勇軍を端から見下した態度も失笑ものです。ウェルキンのまぐれ勝ちだったという言い様は、バーゼル橋奪還戦の報告書にろくに目を通していない何よりの証拠です。まあ平時に出世した軍人なんて家柄と処世術だけが取り柄というのが相場ですからね。
ガリアにも貴族が存在してることにちょっと驚きました。なんとなく民主的な体制を想像していたものですから。でもよく考えれば「公国」なんですよね。いなきゃおかしい。

今回は出陣に至るまでの話でしたが、ここでもウェルキンの才能と知識が活かされましたね。
ダモン将軍の部屋を見回して将軍の人柄を見抜き、あの場で戦列に加われるよう抗弁する無益を悟りました。結果として、無能な上官という余計な足かせ無しに出陣する機会を得ました。
「あの森に………そんなものが」
ウェルキンはどうやら土地勘があるようです。これは作戦立案に有利に働きそうですね。
そして最後に、困難な任務に向かわなければならない第七小隊のみんなの士気を高めることに成功しました。自分たちを見下し戦力外通告した当の将軍でさえ攻略できなかった敵の補給基地を、今度は自分たちが攻める。彼らの自尊心を取り戻す機会を目の前にぶらさげたのです。さらには、同格で有能な第一小隊の協力も得た。
まさに天の時、地の利、人の和を手にしたわけですね。
とはいえ兵の統率・錬度はあちらが上です(しいて言えば兵が疲労しているかも)。ウェルキンは帝国屈指の将を打ち破ることができるでしょうか?

迷うアリシアにファルディオがいい助言をくれましたね。
「とにかく今は、アイツを信じることだ。君はアイツの補佐官なんだからね?」
そう、他の誰が信じなくとも麒麟だけは王を信じなければならないのです。(c)十二国記
補佐官たるアリシアの動揺は部下にも伝わるし、上官たるウェルキンに迷いを生じかねません。少なくともアリシアは、他の隊員と同レベルでウェルキンを判断してはいけません。彼の変な言動にも、何か彼なりの考えがあるのではないか、そういった視点を備えなければいけないのです。

最後にひとつ。
いくらファルディオが避けたからってその背後にいたウェルキンに平手打ちが当たるのはどう考えても無理があるでしょ(笑


Fate雑記さま、かごオケイラストの捕捉ありがとうございました。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。