スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

SHIROBAKO 第23話 「続・ちゃぶだい返し」

出版社ビルでのわるふざけにあれだけ時間を割いたというのに、密度の濃い回でしたv

厳しい言い方をしてしまうと、野亀先生からのリテイクはキャラデザにしろシナリオにしろ、三女という作品への理解の浅さが招いたものですから、リテイクもらってよかったですね。
最終回のシナリオに関しては、作品への理解が浅かったとするのも、監督に酷な言い草かもしれません。作品に託したものがお互いに違っただけですから。
でもありあがみんなをサポートするために飛ぶ最初のシナリオと、ありあが自分の守るべきものを見つけて飛ぶ最終シナリオ、どちらが素敵かといえばやはり後者でしょうか。

茶沢の出番ってキャラデザリテイクの段階で終わっていて、もう出番はないものだと思っていたらまさかの再登場。成敗されるところまでやりましたか。私、茶沢の扱いはあのままなぁなぁで終わるかと思っていました。ああいう身勝手な人間はどこにでもいるものですし。
むしろ原作者サイドとアニメ制作サイドの立場の差にびっくりしました。
茶沢は屁理屈をこねてましたけど、スケジュールが押したのは明らかに出版社側の落ち度なのに、それに言及できないことってあるんでしょうか? たぶんこれは話を面白くするためのデフォルメですよね。

キャシーの妹の登場が決まって、監督がオーディションの音源残ってる? と訊いたとき、こうくるのかーっ!とわくわくしました。
やっと、
ついに、
とうとう、
満を持してようやく、
本当に、
ずかちゃんの本格デビューですよ!

何度見ても泣いてしまうラストの宮森の表情芝居でした。こんなにも泣かされるのは、CLANNADで藤林姉妹が泣いたシーン以来です。

ただ私が感心したのはその前の、ずかちゃんの出演を宮森が知らなかったという演出かな。
宮森はキャスト選びに関わらない立場だから、ずかちゃんの抜擢を知らなくても不自然ではないけど、一応事前に台本をもらっているのですから、名前を確認する機会はあったわけです。
それでも知らないことになったのは、あの驚いた顔をずかちゃんに見せるためだったんでしょうね、演出上。
ずかちゃんには純粋に実力で認められたいという意気込みがありますからね。あそこで宮森の驚いた顔を見ることで、ずかちゃんはこのキャスティングが100%正当なものだったと確認できるわけです。
実際に実力と適正で選ばれてるわけですけど、あそこで宮森に「頑張ってね」って顔をされると、ずかちゃんの中に「もしかして…」という疑問が芽生えてしまうおそれがありますが、あの演出はその可能性を完璧に消してるのです。

にしてもずかちゃん、実質的なデビューだというのに、演技も、台本をめくるときの表情にも余裕と自信が感じられました。ずかちゃんのことですから、きっと入念に準備して臨んだアフレコだったのでしょう。
デビューおめでとう、ずかちゃん。

宮森の涙には、嬉しいという想い以上に、安堵感があったんじゃないでしょうか。
忙しい日々の中でも、宮森にはずっと、独り取り残されているずかちゃんへの罪悪感とか引け目とか心配だとか、色々と複雑な想いがあったはずです。だからこそ、あの場面で感情があふれ出してしまったんでしょうね。

テーマ : SHIROBAKO - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。