スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ALDNOAH.ZERO

EPISODE.17 「謀略の夜明け -The Turning Wheel-」

「私はね、あなたと、あなたの住む世界を守りたくて軍人になったのよ」
守りたい人を守れない。せめて安全な場所にいてほしいのに。
ユキ姉はそれがずっとつらかったんですね。
一期のときだって、本当は前線になんて出ほしくなかったけど、伊奈帆の言い分は常に正しくて彼の出陣を許してしまった。
しかし、伊奈帆にはもう彼だけの戦う理由がある。
もう一人前の男であって、ユキ姉の保護する対象ではないのです。

「あなたはアセイラム姫に、忠誠を誓っていますか?」
これは奇しくも一期目のスレインがクルーテオ卿に投げかけた問いと同じですね。
奇妙なシンクロに過ぎないのかもしれませんが、私はここにスレインの立場の変化を見たような気がします。この問いを発したときのスレインと、今のスレインとではまるで立場が違う。今のスレインが同じ問いかけをすれば、それは姫への忠誠を強制する言葉となるでしょう。

「………スタイルの話を。。」
韻子たちに話しかけるための枕かと思えば、本当に興味があったんですか。
なんだか二期目の不見咲くんは妙に人間くさいというか、ぽろぽろ仮面が剥がれ落ちてる気がします。

   どうして閉じ込めるのですか?」
「それは、………とても美しいからです」

地球との戦争に乗って立場を固めている今のスレインにとって、姫さまの覚醒は爆弾でもあるのですが、それ以上に、眠ったままであれば姫さまはスレインだけのものでいてくれるのですよね………。しかしちょっとヤンデレ入ってませんか、スレイン。

「君は違う」
「違わない」
「違う」
「違わない!」

このやり取りは二度繰り返されましたが、一度目はライエの叫びに押し切られた伊奈帆が、二度目は説き伏せましたね。

マリルシャン伯爵とのやりとりでは、スレインが会話の主導権を終始握られっぱなしでしたね。
二期目のスレインらしくありませんが、生まれのことを攻められるのはいまだに苦手なのかな?
にしても、レムリナはどういう意図でスレインを無視してマリルシャンを招き入れたんでしょうね? まさか決闘騒ぎになると見越してのこととも思えませんが。

テーマ : ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。