スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

天城ブリリアントパーク

第10話 「もう打つ手がない!」 ~ 第13話 「PVがつまらない!」

甘ブリは瑣末なところで納得いかなかったりちょっと都合よすぎる部分も多かったけど、パーク存続というわかりやすいゴールがあったので、そこはあまり気にせずに観続けられました。

可児江くんによるパーク再生プロジェクトX的な展開を期待していた人にはハズレだったのかもしれませんが。
可児江くんが基盤を整えはしましたが、いつのまにかまともなパークになっていました。とくに奇策を弄したわけでもありません。ちょっと個性のあるアトラクションには、可児江くんではなく三バカの意向がはたらいていますしね。

ラティファさまの記憶が保たれたのは賛否両論あるかもしれませんね。
原作はその後も続いているようですからまた違う終わりかたもあるでしょう。
ですが、甘ブリアニメはあそこで終わりなのです。その後のフォローも物語もありません。無理にでもハッピーエンドにするほうがいいのかもしれません。
私はあれでよかったと思います。
記憶が保たれたことに涙するラティファさまの姿はとても愛おしかった。

可児江くんの「元天才子役」という設定ですが、私はこれを、華々しい経歴を暗い過去にしてしまった青年の再生の物語なんだと勘違いしていました。でも違いました。
元天才子役であったという過去を可児江くんはとうに吹っ切っていました。彼は不本意ではあったでしょうけれど、納得してやめたのです。そして元天才子役という彼の属性は主題となることはなく、物語の中でも小さく便利に生かされることになった。
もっとも大きな意味を持っていたのは、幼い日にラティファと出会って彼女を笑わせられなかったという悔恨を残したエピソードでしたね。
考えてみれば、元々メープルランドになんの縁のない主人公が、一人の女の子を不憫に思って手助けする物語です。これこそが大切だったのかもしれません。

------------------------------------------------------------------------

ラティファさまの記憶が失われなかった理由を、アニムスが満たされたことで説明していたけど、甘ブリは去年までも毎年50万人のノルマはクリアしてたんですよね? 年々減らしながらも。しかしラティファさまはリセットされていた。
なら考えられる理由としては、今年集めたアニムスの質がこれまでにないほど高かった(パークの質が上がってゲストが心から楽しんでいた)か、
サッカーファンの出したアニムスの質がハンパなかったかv

可児江くんがきてから驚異的な回復を見せた甘ブリですが、これは30円キャンペーンもあってのこと。これからまた正規の料金をとることになります。
でも心配はなさそうですね。少なくとも50万人達成にてこずるなんてことはないでしょう。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。