スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

コボリーかわいい

■甘城ブリリアントパーク
第9話 「チームワークが生まれない!」

話の内容的には………うん、甘ブリはまじめに突っ込んではいけない系アニメ。
ただこの四人、仲良しかと思ったらそうでもなかったのは意外でした。
最後の試練で、一瞬他者(サーラマ)の顔が頭をよぎるのはリアルでよかった。そういう邪心も呑み込んだ上で最良の選択をするのが美しいのです。

あのボタン、フリかと思ったら本当に触っちゃダメだったv
あれを天然でやったとしたら恐ろしい人だ、姫さま………。
というか、姫さまはどこまでお買い物に行くつもりだったんでしょうか………。パーク内に割り下なんて売ってるとは思えないのですけど。結界から出たら身体に障る設定は………。

三バカを手当てしているこの可愛いナースさんは何者だろうと思ったら姫さまでした。
ずっとこの服でいてくれませんか………。

序盤のモッフルのセリフから、姫様は成長できないのかと思ってたけど、まさかリセットされてる?


■SHIROBAKO
第8話 「責めてるんじゃないからね」

絵麻は良い先輩に囲まれてますね。
ずっと気にかけてくれている杉江さんはもちろん、井口さんだって、後半は杉江さんから頼まれた形になりましたが、話の頭から泣いてる絵麻を心配してくれていました。
杉江さんは良い人なんですが、あまりに遠くを見すぎてて、絵麻には言葉が届かないのがちょっと残念でしたね。杉江さんがあの境地に至るまで色々あったでしょうから、それを原画一年目の絵麻に理解しろというほうが無理です。

りーちゃんはよい子ですねぇ。
ちょっと青っぽいところはありますが、まだ苦労してない彼女が、職場の人間関係に疲れたかおちゃん姉さんの相手をしてくれたのは幸いでした。
みゃーもりも、身内の気安さでかおちゃん姉さんの奔放さを迷惑がっていましたけど、姉が弱ってるのをちゃんと察していたんですね。かおちゃん姉さんが帰るシーンでの二人はやはり姉妹だなぁとほっこりしました。


■四月は君の嘘
第8話 「響け」

相座武士は、コンクールを総ナメにしていた頃の強い公生に憧れて、完成度の高い演奏を。
井川絵見は、まだヒューマンメトロノームと呼ばれる前の、才能がむき出しだった頃の公生に憧れて、人の心を揺さぶる演奏を。
公生を強く意識しているにもかかわらず、二人の姿勢はまるで異なります。これが面白い。

かをりはたしか、渡に興味を抱いているような態度を序盤に見せていたと思うのですが、最近はそうでもありませんね。渡が井川絵見かわいいを連呼していても一向に気にする気配もありません。ひょっとして公生に近づくための口実だったのかな。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。