スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

いまさらですが

■月刊少女野崎くん

佐倉は応援したくなる系女子なところがよいですね。
野崎くんも気づいてるんだか気づいてないんだか。九割九分気づいてないよね。もし気づいていたらかなり残酷なこともしてるし。うん、やっぱり気づいてない。
これからもずっとあんな調子なんだろうけど、その歯がゆさがよいです。
二人が接近するお話は二次でお待ちしています。

野崎くんアンソロも読みました。
ご本人が描かれてる王様ゲームが一番面白いのは仕方ない(笑
あと、namo先生の描かれた若松×瀬尾(?)が素敵でした。原作で本当にこれがあればいいのに。

月刊少女野崎くん アンソロジー (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん アンソロジー (ガンガンコミックスONLINE)
(2014/08/22)
スクウェア・エニックス

商品詳細を見る



■普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

アイドルものって実はけっこう苦手なのですが、ろこどるは方向性が全然違って楽しめました。
自分たちが何を大切にすべきかを最初から最後まで曲げずに通した彼女らに乾杯です。

比較対象としてのあわあわガールズの存在もわかりやすかったですね。
ろこどるは外に向けてのアピールも大事だから、観光客を呼び込めるって点で彼女らの成功も間違ってはいないのだけど、地元に愛されるアイドルになれてるかはわからない。少なくとも彼女らはその点について満足していない。
だから流川ガールズに惹かれるんでしょうね。OVAでは流川まで本当に遊びに来るみたいですし。

逆に、流川ガールズは外に向けてのアピールにまだ乏しい。
最終回でのトリもあわあわガールズには評価が高かったし、前夜祭での順位もまずまずでしたが、成功してるとはいえないレベルです。
あわあわガールズは自分たちが失ったものを流川ガールズに見て、流川ガールズはあわあわガールズの成功を素直に感嘆している。お互いにないものを相手に見ている。いい関係ですね。


■グラスリップ

麒麟館の展望台での告白以来、よくわからなくなってしまいました。
男子の気持ちとしては、そこで二人とも好き、と言われて納得できるものなのでしょうか?
幸が、海の約束の件ではあきらかに透子への気持ちを祐からの好意より優先しているにもかかわらず?
それとも、好意を利用はされたけど、自分への「好き」もあるのなら気持ちをつなぐことはできる。自分と幸はまだやり直せるという前向きさでしょうか。
実際、幸も祐個人にたいしてはまんざらでもなさそうです。透子への気持ちを整理できれば、案外うまくいくのかもしれません。男は包容力だなぁ。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。