スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

三ヶ月も待たなきゃいけないの………?

EPISODE.10 「嵐になるまで -Before the War-」
  ~ EPISODE.12 「たとえ天が堕ちるとも -Childhood's End-」



スレインには姫さましかなかったから、その姫さまを失えばああなりますよね。
お前が姫さまをこんなところに連れてこなければ、あのとき伯爵と対峙していたのがお前でなければ、って。

ザーツバルム卿の信念の強さや揚陸城での火星兵士とのやりとりがスレインの心を揺らしたのはたしかですが、姫さまの命を狙うザーツバルム卿をとっさに助けたのは、あのとき対峙していたのがオレンジ色だったからというのが最も大きいと私は思ってます。
スレインの行動は明らかに矛盾していました。その責任はすべて彼自身にあるけど、目の前にその引き金を引いた男がいて、姫さまはその男を助け出そうとして撃たれ、男は倒れた姫様に這いずりながらも近づこうとしている。
スレインが殺意を抱くには十分な理由だったことでしょう。


姫さまは火星騎士の暴虐も自分の不徳だと言いましたが、ある意味でそれは事実です。
姫さま一人が平和を唱えて地球とのパイプをつなげても意味がありません。皇族の地球訪問という既成事実で両星の架け橋になろうとしたのでしょうが、火星側の意識が地球に敵対したままではいけなかったのです。時期尚早でした。
もちろん平和を望む姫さまの志は尊い。
けれど現実を知らなかったがゆえに戦端を開いてしまった。


伊奈帆のことは序盤まで重度のシスコンかと思っていたのですが、重症の姫さまに這いずり寄りながら彼女との思い出を浮かべるシーンには考えを改めさせられました。本気で彼は恋をしていたんだな、と。


最終回翌週のラジオで明らかになりましたが、フェミーアン機へのトドメの一撃は、鞠戸大尉になる可能性も製作中にはあったそうですね。最終的にはライエがトドメということで落ち着いたそうですが。
あの場面、ここで活躍しなきゃ、鞠戸大尉のパイロットとしての復活はないよねってシーンだったので、あそこまでライエに奪われたと聞いてちょっと不憫に思えました(笑
結局鞠戸大尉の復活は二期に持ち越しですか。
四話以降はたいして活躍もしないくせに中二くさい口調で大口たたくうざい上官というポジションを抜け出せないままでしたから、一日も早い名誉回復を。


これもラジオで明らかになったことですが、エデルリッゾが企画当初は二十歳設定だったのには納得です。侍女としては幼すぎますものね。
でも年齢を下げたのは成功じゃないでしょうか。幼いからこそ、地球蔑視も皇室崇拝も大人からの受け売りってことで許容できるし、空回りっぷりもコミカルに映ります。
そして姫さまと最後にかわした健気な笑顔には、忠誠を超えた親愛を感じました。


ライエに赦しを請い、許しを与えたのは姫さまでしたが、ライエを肯定したのは伊奈帆でしたね。伊奈帆の現実的・実際的な物言いがライエの救いになったのはたしかです。

  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。