スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ALDNOAH.ZERO

EPISODE.08 「鳥を見た目 -Then and Now-」

やっと、やっと通じたよ!
散々蔑まれ、いたぶられた末に、ようやくスレインの真心と忠義が届いたよ!
クルーテオ卿が理解してくれたよ!

口の堅かったスレインも、最後のほうは朦朧としてたんでしょうね。
しかしようやくその忠義は報われた!
あとはクルーテオ卿が引き受けてくれる!
こういう展開を私たちはずっと待っていたんだぁぁぁぁぁぁ!



と、思った次の瞬間に来やがりましたよザーツバルム卿。

主人公サイドの希望の芽を、先手先手を打って摘みとっっていく。
海外ドラマ(「24」とか)だとよく見るタイプの悪役なんですが、日本のアニメでは珍しいですよね、こういう抜け目のないタイプ。
悪役はとにかく、悪事に美学があるか、そうとう賢いかのどちらかであってほしいと思う私には、なかなか魅力的な悪役です、ザーツバルム卿。本気で腹の立つところがいい。今回の登場なんて最高のタイミングでした。

次週はどうなるんでしょうね。
心配なのは、スレインくんが一連の流れを知らないことです。
クルーテオ卿が真意を理解してようやく味方になってくれたことも、ザーツバルム卿がクルーテオ卿を殺害してスレインを連れ去ったことも、彼は知らない。気を失っていましたから。
もし次週、ザーツバルム卿がスレインに味方面して「クルーテオが黒幕だった。私は姫の味方だ。ともに姫を助けに行こう」と唆したら…。。
拷問されても吐かないスレイン相手に口を割らせようと思ったら、それが一番効果的な気がするんですよね。

今回救いだったのは、対火星強硬派だったカームが、姫様の美貌にあっさり手のひらを返したところかな。
てっきりうざキャラになると思っていたからこれにはほっとさせられました(笑
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。