スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ALDNOAH.ZERO

EPISODE.05 謁見の先で -Phantom of The Emperor-

皇帝の考えが読めませんね。最初はもっと思慮深い人かと思ったのですが。
たしかにザーツバルム卿の先回りは効果的だったと思います。「この先~なる者がやってきて~進言しますよ。でもそれは地球側のスパイなのです」と吹き込まれ、その通りの展開になれば、人は先に進言した者の言葉を信じがちです。
ただ、この皇帝がそれを鵜呑みにしたのかはまだ判断がつきません。
というのも、どうやら皇帝は高齢によってそうとう弱っている様子。また、火星の体制は中央集権ではなく、軍閥が幅を利かせているように見えます。皇帝の権力はさほど大きくないのではないでしょうか。あの忠誠心高そうなクルーテオ卿をして「私たちの頭越しに停戦だと!?」と言わしめるほどです。
だからこそ、ひとまずはザーツバルム卿の言葉に乗ったフリをして、泳がせているようにも見えます。姫暗殺の再調査を命じていましたしね。

ライエの心中もまだまだ読めませんが、伊奈帆くんにたいしては好意を寄せ始めているのかもしれません。なにせ火星騎士は親の仇です。それを討ってくれそうなのが彼ただ一人ですから。

マグバレッジ艦長と不見咲くんの掛け合いは面白いですね。
「不見咲くん。キミがモテナイ理由を教えましょうか」はこれからも続くのでしょうか。

スレインくんはこれでザーツバルム卿にターゲティングされちゃいましたね。
彼はクルーテオ卿配下ですから、そう簡単に排除されることはないと思いますが、ザーツバルムはクルーテオ卿に色々と吹き込める立場にありますからね。怖い。
そのクルーテオ卿が、現時点で一番頼りになりそうな人ではあるのですが、卿とスレインくんの間に信頼関係がまるでないのが残念です。もどかしい。スレインくん、頼るべきは目の前の人だよ!
でもスレインくん視点だと、卿に打ち明けるのが危険に思えるのもわかります。

伊奈帆くんの練習機、壊れちゃいましたけど、正規兵のを譲り受けるのかな。
このアニメに限って新開発の専用機が与えられるなんて雑なことはしないと思いますが。お姉ちゃんが出撃しようとしていたから、その機体かな? 鞠戸大尉も出撃できなかったみたいですけど、彼の機体ってことはないでしょうし。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。