スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

極黒のOPが今期一番お気に入りです。

■ブレイク ブレイド
第四話 「クロース・コンバット(近接戦闘)」

あそこで王都を去るのは主人公らしくありませんが、この世界で「能なし」というのは最底辺を指す言葉なのです。ライガットは銃も撃てなければ車も運転できない。アンダーゴゥレムがもう動かないと判断されれば、戦争の役に立てることは何一つないのです。誰も責めることはできない。

むしろよく引き返したというのが正直な感想です。
実際ゴゥレムは一日経てば動くようになるのですが、この時点でライガットはそれを知りません。彼にできることといえば、ホズルの話し相手になるか、輸送隊の積荷の手伝いをするのが関の山でしょうに。
自分に魔力がないことを理由にして、友人が死にゆくのを傍観していたくはなかったのでしょうね。

危なくなったら逃げていいっていうのは親父さんの教えではありますが、そこに「大切なものと天秤にかけて」は含まれてません。きっと親父さんも褒めてくれますよ。


■蟲師 続章
第四話 「夜を撫でる手」

「俺はなぁ、もう二度とごめんなんだよ。親父がいた頃みてぇに、狩られるかもしれねえ側に戻るなんてな」
「辰兄やめてよ! 大丈夫だよ。怖いことなんてないよ」


この会話が全てでしたね。
力に魅せられたというより、囚われている。
しかし、かつては自分も卯介と同じ側で父親を見つめていたのです。今の自分が卯介からどう映っているか、よく知っている。なにより、卯介は自分を恐れることなく待ってくれている。

皮肉だったのは、そうとわかってから借り物の力を振るうしっぺ返しがきたことでしょうか。しかしそれすらも山で生きることの意味を確認する大事な過程です。
代償は大きかったけれど、それでも辰の顔は明るかった。



■魔法科高校の劣等生

第4話 「入学編IV」

テロ組織…とは急に話が大きくなったようですが、ここは国防の要となる人材を育成する機関で、魔法士を束ねる立場の家の者も在籍しています。唐突ではありますが不自然ではありません。

むしろ女剣士にはがっかりです。
達也も指摘していましたが、彼らは自分の不満を訴え要求を通すことだけ考えていて、展望というものがない。
そもそも彼らは何を要求するのでしょう? 部活連における発言力? 予算の増加? 
差別に関しては個々人の心の持ちようであって、待遇改善でそれが変わるとは思えませんが。
それとも評価方法の是正でしょうか? しかしここは優れた魔法士を輩出するための機関だということを忘れてはいませんよね?


■エスカ&ロジーのアトリエ
第3話 「私だって戦います!」

錬金術は人を幸せにするために存在し、それを操るものは人々の幸せに貢献しなければならない。
それがエスカの信念のようですね。
ですがそれが通じるのは自分の力が及ぶ範囲内でのみです。何もかも背負うとしては、それが適わなくなったとき潰れてしまう。ですからどこかで線を引こうとするロジーの姿勢も間違ってはいないのです。
ただ、今回は良い方向に働いたようですね。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。