スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

夏目友人帳 17 (花とゆめCOMICS)

夏目友人帳 17 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 17 (花とゆめCOMICS)
(2014/01/04)
緑川ゆき

商品詳細を見る


■いつか くる日

   人に惹かれる妖をいっぱい見てきたけど…
 みんな去っていったよ先生」

人と妖の恋はいつも悲恋に終わってきました。
生物としての在り方が違いすぎるからです。
ある者は身を引き、ある者は消え去った。
今回もきっとそうなるのだろうと思っていました。
けれど違った。これは、彼らの絆が特別強いというよりは、お互い若かったというのが大きいのではないかと思います。人も妖も見た目どおりの年齢です。覚悟はあっても、それ以上の情に任せてしまえる若さがあった。そういうことなのかな。
………なんて見方をするとちょっといやらしく聞こえてしまうでしょうか。
きっとこの二人は将来泣くことになるのでしょうけれど、それでも後悔のない人生を送ってくれるものと信じます。

「!! 葵さん落ち着いて! そしてよく見てこの生物を!」
夏目はときどき先生の扱いがひどいな(笑


■遊戯の宴

夏目にしてはドタバタしたお話でしたね。
まあ犬の会がでてくるといつもそうか(笑
しかし夏目もあちら側にずいぶん馴染んでしまったことよ………。


■歪み無き世界

いつぞやの挿絵が実現しようとは。
まさかの名取・的場の若き日の物語でした。
初登場時の名取は的場寄りの考え方に見えますが、それでも一線は引いていたのかな。
お互い道を違えながらも、どこかで相手に惹かれるものはあったのかもしれませんね。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。