スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

次回ののんのんラジオは名塚さんがゲスト

最近ヴァルヴレイヴを面白く感じ始めました。


■WHITE ALBUM2
#11 「雪が解け、そして雪が降るまで(後編)」

前回を見た限りだと過去編は余計じゃないかと思いましたが、冬馬の心情の動きを追えるよい過去編でした。なんだかんだで冬馬ってけっこう乙女ですね。はじめてのプレゼントである参考書をずぶ濡れになりながら探すところなんてもう………。

春希は最低でしたね(笑
結局これって、一番好きな女の子には振り向いてもらえそうにないから、告白してくれたコになびいちゃったってことですよね。うーん、フォローできない。

唯一の救いは、冬馬が春希を受け入れなかったことです。
もしあの夜、一人きりで過ごしたのが小木曽だけだったらやりきれなかった。


■のんのんびより
十一話 「かまくらをつくった」

兄ちゃんはあの雪の中、一人で帰宅したんでしょうか?
それとも私が気づかなかっただけ?

ほたるんってば、別にこまちゃんと同衾してるから眠れないとかではないんですね。そこはやっぱり小学五年生ってことなんでしょうか。すみません、もっと危険人物だと思ってました。

なっつんはノリと勢いだけで生きてるところが可愛い。
四人の中ではムードメーカーですが、もし彼女が40人学級にいても同じポシションを維持できるかというと疑問です。彼女の奔放さは全員の理解があってはじめて成り立つというか。そういうところもこの作品の田舎ゆえの寛容さ、親密性の表れといえるのかもしれません。

今回のほたるんは、普段常識人ポジションにいる彼女にしてははっちゃけてましたね。アグレッシブほたるんは村川梨衣よりもソンセンナシコロモさんが演じてる感じがして新鮮です。


■ゴールデンタイム
第11話 「トラブルパーティ」

加賀さんの愛がだんだん重くなってきてますけど………それを重く受け止めすぎないのがうまくやっていくコツなのかなぁ? まあそれくらい楽天的な性格でないとそもそも好きになったりしませんよね。
でも、楽天的過ぎて破滅フラグを立てちゃってるのが不安です。
今回のパーティでリンダ先輩と一緒になったのは不可抗力ですけど、それを考慮してくれなさそうなのが加賀さんだし。

ホワイトアルバム2とゴールデンタイムは放送時間が連続しているのと、三角関係を扱った作品ということでつい比べてしまうんですが、ホワルバ2の三人はなんだかんだで心が綺麗ですよね。打算というものがない。恋心に揺れながらも、二人だけの世界に耽溺せず常にもう一人のことを思い遣ってる。
しかしゴールデンタイムは男女の打算も妬心もちゃんと描いちゃう。登場人物もそれを自覚して隠さない。
さすがは竹宮先生。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。