スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)

はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)
(2013/04/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る


アニメ終了から少しずつ読み進めて、現在8巻まできました。

カバーイラストを見て
「あれ、ひょっとして~5年後~とかなの? 5年も経ったら魔王さまとエミリア、籍を入れちゃうんじゃないの!?」
って期待したけど、そんなことは全然なくてふつうに続きからでした。いえほら、5年も経ったらアラス・ラムスを小学校に通わせる段になって戸籍とか両親が揃ってないととかさんざんもめた後にそういう可能性もあるんじゃないかとちょっとばかり妄想してしまって。

魔力さえ取り戻せばエミリアと双璧を為す………はずが、強さで天使に遅れをとり、エミリアにも差をつけられてBクラスに落ち込んでしまった魔王さまですが、アシエスの登場によって最強クラスに返り咲きましたね!
これでこそわれらが魔王さま!
とはいえこれが最終形態かはあやしいものがありますが。

少し前から気になっていましたけど、マレブランケは何を考えて天界やオルバと手を組んでるんでしょうね。彼らがどういうつもりでいるのかよくわかりません。魔族によるエンテ・イスラの統治とは程遠い結果にしかならないと思うんですけど。ファーファルレロを見てるとその程度もわからないほど脳筋集団とは思えませんし。
そもそもファーファルレロからの報告を受けたにもかかわらず、魔王の命を無視して天使に力を貸しているというのが解せません。そのわりに魔王を目の前にしたら恭順の意を示すなど、一貫性に欠ける。
おそらく彼らには彼らなりの狙いなり、仕方のない理由なりがあると思うんですけど、それを推し量るには材料が足りてません。

エミリアがどうしておとなしく囚われの身となっているのかも謎ですね。
あの種籾にはたしてどんな意味があるのでしょう。
あの麦が品種改良による革命的な収穫をもたらすとしても、そんなものがなければ飢えて死ぬほどエンテ・イスラの民が困窮しているようにも見えませんし。
エミリアを脅迫できるとしたら人命くらいですよね。ということは、あの種籾を所持していることが人質をとっていることの証、ということでしょうか。よくわかりません。

エメラダとアルバートはどうしてるんでしょうね。地球に連絡もできないということは、彼らも人質になってるのでしょうか。いくら人類最強の方術師と仙術士とはいえ、最盛期の魔王さまをもしのぐ天界の天使にでてこられては太刀打ちできないでしょうしね。
しかしせめてアルバートくらいはつかまらずに潜伏してくれてないと、エンテ・イスラに戻っても情報収集すら覚束ないような。
最悪のパターンとして、エメラダとアルバートも裏切っていたというのがありますが、それだけはないと思いたい。だって、オルバに裏切られただけでもそうとうなダメージだったはずなんです。
だからこそ、エメラダとアルバートの二人はエミリアにとってエンテ・イスラと自分をつなぐ最後の絆。その彼らにさえ裏切られてしまったら、と思うと胸が痛みます。

そしてなぜ魔王さまが隣室に踏み込んだ際の挿絵がなかったのか。。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。