スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

夏アニメ

■進撃の巨人

せっかくアニを捕獲しても情報を得られないという感情的に消化不良なところで終わってしまったので続きがすごく気になってとうとう原作に手をつけました。
詳しくは語りませんが、読者を全然休ませてくれない展開です。


■とある科学の超電磁砲S

あのメガネをかけたキョンのような人は、結局大望もなく自己顕示欲だけでテロを起こそうとして食い止められてしまったってことでしょうか。
敵が小者なのは別にいいのですが、なんだかたいして盛り上がらずに終わってしまった感じです。最後の敵味方総出演も力技って印象しか残りませんし。
カエル博士がこの街の闇に触れる覚悟があるのかいなんて問いかけてましたけど、シスターズ編を経験した美琴に何をいまさらってところですし、結果何が変わったということもありません。暗部が関わっていたのは一期のテレスティーナも同じことですが彼女は今獄中にあります。メガネくんもそうなるだけでしょう。暗部に目をつけられるというならとっくにつけられているはず。
どうせなら布束さんを物語の主軸に据えて、メガネくんが彼女をとことん追い詰める構図にしてほしかったかな。だったら彼を心底蔑むことも、布束さんという女性の内部を掘り起こすこともできたと思うのですけど。


■神のみぞ知るセカイ 女神篇

文句なしのBパートでした。


■げんしけん二代目

距離の測り方がいかにもげんしけんな最終回でした。
波戸くんと距離が近いのはもちろん同期の新会員たちです。でも彼女たちとだっていうほど近いわけでもない。
合宿に発つ駅のホームにおいて、みんなから距離をとって一人立つ波戸くんに話しかけるのは、新会員ではなく会長のオギーの役目でした。友情という暑苦しいものではなく、部内の役割において人間関係の修復にあたるのはいかにも文科系らしい展開だなぁ、と。
オギーと波戸くんとでは置かれた状況は違いますが、会員に対して胸襟を開けずに閉じこもるのは共通しています。少しは息をするのが楽になったでしょうか。


■サーバント×サービス

WORKING!同様、最初はそれほどインパクトもないけど徐々に好きになっていくアニメでした。キャラがいとおしく思えてくるといいますか。
  拍手する
コメント

No title

> 消化不良なところで終わってしまった
このモヤモヤ感をどうしてくれる。原作漫画が連載中だから仕方ないのだろうけど、打ち切り漫画みたいな終わり方をするとは思いもよりませんでした。
また面白い番組があったらご紹介よろしく。

No title

このもやもや感は原作を読むか、二期の発表でしか払拭されることはないでしょう。
私はもう原作に手をつけてしまいましたけど。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。