スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

最近の神のみぞ知るセカイ女神篇

FLAG 7.0 「Bad Medicine」

今回の最大の変更点は、ちひろに電話する直前の桂馬のセリフの扱いだと思います。原作ではカギカッコつきで示された「演技のリハーサル」でしかなかったセリフが、まるで桂馬の心からの謝罪に聞こえました。
前者ならばちひろを攻略するうえでのフォローでしかありません。しかし後者なら、攻略上ちひろの告白に聞こえないフリをしたことへの謝罪ということになります。
これは原作の女神篇の結末を踏まえての変更じゃないかと思います。でもこの時点で桂馬にここまでちひろに思い入れさせてしまうのはやりすぎじゃないかな。ちひろの存在が桂馬の中で大きな意味を持ってしまったのはあくまでW攻略の後半、彼女を傷つけたことへの後悔が理由なのですから。

桂馬の「誰も来ないよ」に対する歩美の「ウソ、来るよ」は誰を想定したものだったんでしょうね。順当ならば噂になってるかのんちゃんだけど、ちひろが桂木邸を訪れたことに驚くよりも怒りが勝ってましたからね。


FLAG 8.0 「めがみみっくす」

ここまでのちひろ再攻略で桂馬は攻略らしい攻略をほとんどしてません。原作では一緒のゴミ捨てさえ智将歩美の企てだったし。
これをアニメで桂馬の行動としたのは、尺の都合もあったんでしょうけど、桂馬の能動としたかったのもあるんじゃないでしょうか。
でもここの桂馬は女の子に振り回されるだけでいいと思うんですけどね。攻略してるつもりが、できてなかった。その事実に読者も一緒に愕然とするのがこのW攻略ですよ。

素直になったちひろが可愛すぎて困ります。
ちょっと憎まれ口をききながらも、桂馬を受け入れる気満々です。


FLAG 9.0 「Absent Lovers」

「桂木…やさしくしてよ…。わ、私……初めてだからね……」


ちひろ7

この状況で「初めて」が「キス」だと解釈する桂馬は健全ですね。

冗談はともかく。
落し神が狂ってしまった、作品上最大の出来事ですね。
何をすればいいのかはわかっていた。ちひろの傷も浅く済み、スムーズに歩美攻略に移行できるコペルニクス的展開が頭の中にあった。
それなのに、想定にないちひろの恋情に、桂馬は突き放さざるをえなかった。
神が地に足をつけた瞬間です。

ディアナ→桂馬は、アニメオンリーの人には決定的にエピソードが足りてませんよね。女神篇が始まった時点でもうディアナには桂馬への信頼が育ってますし。このへんはどうしようもないけど。


FLAG 10.0 「ラビリンス」

胸囲の格差社会c
胸囲の格差社会。
肩ひもって残酷ですね。

話を尺に収めるためにいろいろ再構成されてましたね。
ハクアの拷問と救出が省略されたのも一応納得です。
ただ、歩美とメルクリウスの問答がまで省略されたのは残念でした。
ちひろの視線に怯え、後ろめたさを感じていた自分。それはちひろへの友情からではなく、ずっと桂木のことを考えていたからだと彼女が気づく重要な過程でした。

ハクアが成績で他を圧倒して証の鎌を手にした、とありますが、そうか、アニメではフィなんとかさんがいないからこのセリフが矛盾しないんですね。はっ、まさかこのためにフィなんとかさんは消されたんでしょうか!?
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。