スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

神のみぞ知るセカイ 女神篇 FLAG 2.0 「スクランブルフォーメーション」

今まで「死にたくないから仕方なく」女の子を攻略していた桂馬が、ここからは女の子の命を救うため能動的に動き出します。
この先、地獄からのサポートは受けられません。
信頼できるエルシィ・ハクア・天理だけが味方となります。
時間もないから、女の子側にバレるとキケンな同時攻略を余儀なくされ、都合よく記憶が消されることもない、後戻りのきかない再攻略に乗り出すこととなるのです。
一~二期までの攻略とはわけが違う!

「桂木さんには、何か考えがあるのですね」
ディアナの桂馬にたいする信頼がうかがえますね。
もうこの頃には桂馬に好意を寄せ始めていたんだろうなぁ………。

「天理、もう帰れ。ディアナを外に出させるなよ」
「うん」

あえて強調されなかったけど、あの状況において天理の素直さは特筆すべきものがあります。
分をわきまえてるのでしょう。この件に関して自分にできることはないと理解したうえで、時間のない桂馬に一切の負担をかけさせまいと素直にうなずく彼女はもう桂馬の嫁。

かのんに変装したエルシィ=えるのん
マンガでは区別のため黒髪にされていましたけど、アニメで色つきで見ると違和感が半端ない。。

桂馬の仮説は、世界中に散らばる駆け魂つきの女の子の中で、自分の攻略対象の中に二人も女神つきがいたことが偶然であるはずがない、という前提のもとに成り立っています。理屈は通っていますが、あくまで推論に過ぎず、それを証明するものはいまだありません。しかし一週間という限られた時間の中で他の女神を探し出すためには、これにかけるしかないのです。

わっかりやすくヤキモチ焼いてる歩美とちひろが可愛くて仕方ありません。

尺の都合もあってか、長瀬先生との再会がカットされてしまいました(泣
でもそれ以上に、みなみ・長瀬との再会でダメージ受けて落ち込んでる桂馬と、それを見て桂馬を気遣うハクアのシーンが見られなかったのが残念。巻き込まれただけのハクアが桂馬に心を近づけていくうえで、ここは外せないシーンだと思っていたのですけど。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。