スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

八幡ってば戸塚のこと好きすぎでしょ

■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

終わってみれば今期でも一、二を争うくらいお気に入りのアニメでした。
王道へのアンチテーゼを唱える主人公が好きになってしまって。
一番心に響いたのは、学祭実行委員で孤軍奮闘する雪乃に他者を頼れと周囲が迫る中、八幡だけが雪乃をかばったことでしょうか。
一人で抱え込んでしまいがちな人にはわかるでしょうけれど、一人でやり続ける人にはその人なりの意地があるんです。周囲を頼れば楽になるのはわかってる。でもあえて頼らずにやる。そういう気持ち。
それを否定されることの寂しさを八幡は理解している。それが嬉しかったのです。

葉山たちのオープンなグループとは対照的に、少しずつ心を近づけていく奉仕部の面々が好きでした。それぞれお互いの中に、孤独な人間特有の価値観を見つけ共有していく。そんな過程が。

結衣役では、東山奈央さんの今までにない一面を見た気がします。本当に魅力的なヒロインでした。


■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

ディスクには特典としてドラマCDがついてきますけど、あやせのストーカーエピソードはそちらで補完するのでしょうか。TV放映だけ観た人には、あの写真を撮られたのは何だったの? という意味不明な場面でしたね。あのエピソードがあってこそ、あやせが自分の気持ちを抑えきれずに告白してしまった、という流れになると思うのですが………。

原作11巻のエピソードは大幅に改編。桐乃と京介の確執&桐乃と麻奈実の確執の始まりを、京介側ではなく、桐乃の側から描くという試みでした。原作既読組には興味深く観られたことと思いますが、アニメしか知らないとどうして京介が「普通」になってしまったのかがさっぱりわからない構成ですね。これは原作を読んでねってことでしょうか。

一番よかったのは、一期三話の京介と父親の対決を桐乃がこっそり聞いていたシーンの追加かな。桐乃、あのやりとりを知ってたんだ………。

エンディングイラストはAWの絵師・HIMAさんでした。麻奈実が可愛い………。


■進撃の巨人
#12 「傷 -トロスト区攻防戦(8)-」

ミカサがエレンに「私はミカサ、あなたの、家族!」語りかける場面でてっきり
「あなたの妻!」とか言うととっさに思った私はPixivに毒されていると思います。
しかし、決して人を攻撃しなかったエレン巨人がなぜミカサを。
………そんなに疎ましかったのかミカサが。

いえ、最初のときは「巨人を殺してやる!」という感情の強さが行動に表われただけで、今回は特にそれもなかったから、手近にある目標を攻撃しただけですよね? ね?
そうだと言って。

自分の声が届かないなら誰がやっても無駄だと言い切るところがミカサですよねぇ。
ミカサのあの「自分はエレンに愛されてる」という絶対の自信はいったいどこからきてるんでしょう。
  拍手する
コメント

No title

>………そんなに疎ましかったのかミカサが。
愛が重かったんですね。
しかしこれ、巨人が肉弾相い撃つお話になるとつまらなくなると思うんだが、どうしてゆくんでしょう。
というか、自宅の地下の秘密はどうなったの。

No title

エレン巨人ですべての巨人を駆逐するのは無理でしょうし、作戦の要として利用されるんじゃないかと思いますが、はたしてどうなるでしょう。
エレンの自宅は現在巨人の支配地域にあるので、まずそこを取り戻さなくてはなりませんね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。