スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

私の守備範囲だと早見さんと東山さんが頑張ってるように見える今期

■はたらく魔王さま!
第9話 「勇者、修羅場を経験する」

魔王さまとアルシエルは、傍から見るとちょっと馬鹿馬鹿しく映る努力にも全力で取り組む姿勢が好感もてますね。

そういえば、エミリアが魔王さまを魔王と確信したのは、フライ機の故障を直すため魔力を使おうとしたときだったはずです。では彼女はそれまでどんなつもりで魔王さまを見張っていたのでしょう?
もし最初から違和感を覚えて観察していたのだとしたらいいのですが、ひょっとしたら、傘を貸してくれた好青年のことが気になって………とかだったらいいなぁと夢想してしまいます。
ちょっといいなぁと思っていた男性が実は宿敵だったと知ったときの彼女の落胆と羞恥とやるせなさを想像すると身悶えます。
今回のセリフでもいまだにあの傘のことは根に持ってましたし。

あの謎の襲撃者は、鈴乃でない以上、タイミング的にいってもセンッタッキーの店長が怪しいんですけど、彼はどちら側なんでしょうね。
鍵は聖法気を無効化したことでしょうか。
彼が魔王側の人間であれば聖法気の無効化などという対勇者の切り札のような手段を有しているのが疑問です。そんな重要な手段を魔王軍のトップである魔王やアルシエルが知らないはずがないのに、第一話で使っていた様子がない。
では教会側の人間でしょうか。教会であれば、自分たちの力の原理を理解した上で無効化する手段を知っていたとしても不自然はありません。


■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

ヒッキーの、自分を極端に客観視する臆病さは嫌いじゃありません。彼の分析は登場人物の置かれた位置関係を正しく教えてくれるし、そこから発生する面白みを存分に味わうことができるからです。
原作は未読ですが、実に小説媒体向けの主人公なのでしょうね。


■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
第9話 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」

この回が映像化されて本当によかった。表情にも力が入ってたと思います。
京介氏が別人かと思うくらい弱ってたけど、それだけに桐乃の男前度が光ってて楽しい。
私的にはここが俺妹のクライマックスです。
黒猫が体力ゲージ途中で尽きちゃって最後だけ肩透かしになったけど、そこも含めて大好き。

いえ、むしろ最後にくじけちゃったからこそ彼女を好きでいられるんだと思います。全体を公平に俯瞰し、高い理想と強い意志力をもちながらも、最後でくじけてしまう弱さを見せてくれたのが。
完全な人間なんて求めてないんです。まして全体を眺めながら人を自分の思い通りにコントロールしてしまうようなキャラなんて。原作では麻奈実がそんなポジションに陥りつつあるので、最終巻でどんでん返しがあるといいなと思ってます。


■進撃の巨人
#08 「心臓の鼓動が聞こえる -トロスト区攻防戦(4)-」

ミカサの涙には思わずもらい泣きしてしまいました。普段とのギャップも相まって。
巨人についてはますます謎が深まるばかりですが、エレンがどうしてああなったのかが解明されないまま兵団に復帰することが可能なのか、次回予告を見てると不安になります。
Pixivなんかを見てると、兵長さんって人とエレンがらぶらぶになるらしいのでそれほど真剣に心配はしていませんが。

  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。