スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

その他の冬季アニメ

■AMNESIA
ニールさまの説明には色々疑問が残りますが、たぶんきちんとした説明なんてつかないでしょうからいいや。精霊の創造主というわりには半端な願いの叶え方をして事態を混乱させた張本人ってことですね。
本来死ぬはずだった主人公ちゃんが生きられることになったのですから結果オーライということで。

ウキョウは自分が願ったせいとはいえ、渡った先の世界で主人公ちゃんが他の男といちゃいちゃしたり死んだりするのを何度も目の当たりにすることになったとは気の毒なことです。

元の世界に戻してあげると言いつつ、主人公ちゃんに選ばせるんですか?(笑
ニールさまの説明通りなら、主人公ちゃんがいたのは1~2話の世界ですよね?

5つのルートを見てきましたが、シンとトーマの幼馴染コンビがお気に入りで、同人誌もそっちばっかり買ってます。なかなか幼馴染を脱しきれない主人公ちゃんとのやりとりをもっと読みたい!
あとケントさんも。


■僕は友達が少ないNEXT
ええ、ここで終わるの!?
って声もありそうですが、原作がここまでなので仕方ありません(笑

後半の主役は間違いなく理科でしたね。
韜晦してばかりの小鷹の本音を引きずり出した彼女はすばら。気持ちの上でもっとも小鷹に近づいた女の子になれましたが、その代わり、彼女がヒロインとなる可能性も低くなりました。親友なので。
さてさて、理科と小鷹の姿に「元親友」という最後のアイデンティティも失い、イジけたあげく「いかにもかまって欲しげな」メールを残して失踪した夜空ですが、どうなることでしょうね。私としては、夜空を救うのは子鷹ではなく星奈であってほしいところですが。

生徒会長がまんま天草シノでした(笑


■たまこまーけっと
もち蔵には最後までがっかりでした。
結局彼は、たまこへの気持ちよりも自分を守ることを採ったのですよ。
「たまこが幸せなら………」って、たまこが王子さまと結婚したがってるように見えたなら眼科に行きなさい。どうせ王子様というステータスに盛り上がる周囲を見て尻込みしただけでしょう。大切なものが何一つ見えてない。自分しか見ていない。傷つくのが嫌で、身を引くための理由をでっちあげて自分を慰めていただけです。
あれがみどりちゃんのライバルとはホントにがっかり。

逆にたまこのことをよく見ていたのがデラです。
序盤中盤は、たまにいいこと言うだけのウザキャラと化していたデラですが、たまこの気持ちを見抜き、言うべきことを最高のタイミングで告げる姿に感心しました。
ふざけているだけかと思ったら、あれでけっこうたまこのことが好きだったんですね、デラ。

ただ、察しがよすぎてみどりちゃんのいい出番まで潰したのは許せませんが(笑


■GJ部
主人公の男の子も含めてみんな可愛くてほっこりしてました。
紫音先輩とか森さんとか無駄にえろくてけしからんですね。
毎回回ってくれる森さんは天使。


■問題児たちが異世界から来るそうですよ?
世界観とかルールがよく飲み込めなかったのですが(どうも先に勝負を吹っかけたほうが有利すぎるように思えてなりません)登場人物たちの粋なやりとりが好きで観てました。
彼らは最初の時点でかなり人格が完成されているためか、どんな事態にも余裕をなくすことなく適切な判断を(自分の敗北も含めて)下せるところが格好いいなぁ、と。
十六夜×飛鳥推しです。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。