スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

チョイちゃんの暴走じゃないかなって気も

■新世界より
第二十四話 「闇に燃えし篝火は」

早季がサイコバスターを燃やした件については賛否両論あると思いますが、私は肯定したい。

町や人類のことを思うなら、たとえ覚が犠牲になろうとも悪鬼はあそこで倒しておくべきでした。覚にもそれだけの覚悟はあったでしょうから、その意志を尊重するなら早季の行動は間違いでしょう。
まして早季は母や富子さまから希望を託され、「たとえ途半ばで倒れても」と誓った乾さんに命を救われた身なのです。彼女の行動は裏切りに等しい。

ですが、近しい者を切り捨て全体を生かそうとするならば、早季は町の大人たちとなんら変わらない。
それは第二部まで彼女が積み上げてきた経験の否定です。

なるほどたしかに犠牲をいとわず使命を遂行する者の姿は美しい。
けれど、悪鬼の抹殺か、それとも覚の命か、という瞬間の選択を迫られたとき、彼女は酔いから醒めてギリギリのところで踏みとどまったのだ、と私には映りました。

私は早季が正しいとは思いません。
ただ彼女は自分と自分の本当に大事な人々を裏切らなかっただけです。


■AMNESIA
XI

ウキョウにはいまひとつ入り込めないでいます。
状況がよく飲み込めないのも一因かなぁ。
ウキョウとの関係がこの世界線のみであれば、彼と主人公ちゃんを悲劇の恋人とみなすこともできるのですが、彼は他の世界線でも訳知り顔に振舞っていたのが引っかかるのです。


■僕は友達が少ないNEXT
第11話 「迷えるチキンな俺」

映画制作や遊佐の撃退など、このあたりの隣人部の絆が深まっていくお話はお気に入りです。
理科との会話も、前回彼女が一歩踏み込んできたことを受けて、小鷹もちょっと本音で話すようになってますね。
ただ、アニメではやや詳細をはしょってますので、できればこのあたりだけでも原作を読んでほしいところです。(原作だと8巻にあたります)
「お前とこんなバカなこと話してられるのも、隣人部があったからだよな」のセリフは前後を省略されてるせいで、人によって正反対のニュアンスに受け取られかねませんし。


■たまこまーけっと
第11話 「まさかあの娘がプリンセス」

もち蔵にはがっかりです。
みどりには立場上言えないセリフも、もち蔵なら言えるはずなのです。けれど彼の口からでたのは「たまこが幸せなら」なんて情けないセリフ。

一人で必死に日常をキープしようとしているたまこを置き去りに、周囲がすっかり盛り上がっちゃってるのは観ていて居心地の悪いものがありました。
「みんな丸めておもちにしてやろうかー!」なんて怒りも小さな声でしか言えないたまこが不憫でしかたありません。直後のコアラごっこにちょっと救われましたが。

普段空気読まない男筆頭のデラが、今回ばかりはあちこちに気を回したりしてちょっと見直しました。
まあ今までも要所要所ではいいこと言ってたんですけど。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。