スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ユーロ2008/スペイン優勝おめでとうっ!

準決勝のロシア、決勝のドイツと、相手に自分たちのサッカーをさせない試合運びでしたね。選手が若いのにこれができるのは監督の手腕でしょうか。決勝ではシャビ・アロンソ選手の投入でほぼ勝負がついてたのかもしれません。でもそれができるのはやはり高いパスの精度があってこそ。やはりスペインのサッカーをやって勝ったのだと思います。
個人的にはセナ選手のファンになりそう。オランダのダーヴィッツ選手以来のヒットです。ボランチの選手は試合の中での存在感がポイントですね。

こういった国別対抗ではそれぞれのナショナルカラーみたいなものが見えて楽しいですね。オランダは美しい攻撃、スペインは小気味よい試合運び、ドイツは強く鋭く、イタリアはクレバーな守備。たった20人前後のメンバーが時代とともに入れ替わってるのにそのスタイルが維持されるのは不思議でもありますが、それはその選手たちが育ち活躍してる自国リーグの特色でもあるのだから当然の結果なのかもしれません。


「Fate雑記(士凛/衛宮士郎&遠坂凛特化)」
さま、イラストの捕捉ありがとうございました。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。