スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

彼女はキスのとき目を閉じない。

■新世界より
第十八話 「赤い花」

英字の演出が怖い。

覚はずいぶん男前になっちゃって………。

富子さまが言ってた遺骨の件はどこまでが本当なんでしょうね。
彼女は二人の消息の隠蔽に手を貸してくれそうな気もするからあれは偽りの証言にも聞こえるし、でも早季の反応を見ると本当に歯形等が一致したようにも聞こえます。
もしあれが偽りであれば、富子さまと早季たちは、町を窮地に追い込んだ責任を負うことになるでしょう。

鏑木さんの存在は頼もしいけど、全体的に守勢・後手に回ってる感は否めませんね。それもこれも、しょせんバケネズミと侮っているためなんですが。
呪力は強大ですが、それを操っているのは結局銃弾の一発で倒れてしまうもろい身体。鏑木さんだってずっと集中していられるわけでもなければ、眠らないわけにはいかないでしょう。攻勢に出なければ犠牲者は増える一方だと思われます。


■AMNESIA
「V」

イッキさんの一人空回りっぷりがすさまじい。デートでもほとんど一人でしゃべってるし。
イッキさんはあの眼のせいで孤独な青年なんだろうけど、あまり同情する気が起きません。常に自分の優位を保とうとする態度のせいかな。たぶんあの眼のせいで女性の好意を一切信じられなくなっていて、眼の魔力が通じない主人公ちゃんに救済を求めてるんだと思いますが。
シンみたいに全力で好意を示す男の子のほうが私は好感度高いなぁ。

しかし、世界を移動するたびに人間関係も所属も(店長の人格さえも)替わるのでは、うかつに積極的な行動はとれませんね。主人公ちゃんが終始受身に回るのは仕方ないことかと。

イッキさんとケントさんはやっぱり中二病を患ってたんですね。


■僕は友達が少ないNEXT
第5話 「そんな遊びはいけません! 〜君がいると世界観が乱れる〜」

女の子だということが発覚した幸村に可愛い格好をさせまいと色々理屈をつけて執事服を着せる夜空が姑息すぎる(笑

友達みんなの前で乙女ゲーやるなんてとんだ羞恥プレイだと思うんですが、夜空たちってナチュラルに没頭しますよね。でもああいうのをみんなで色々ツッコミ入れながらプレイするのは楽しそう。

後悔の残る過去を夢の中で清算できたのですから、たいした発明だと思います。
それは実際には何も変わっていないのかもしれないけど、後悔というのは個人の心の問題なのですから、その人が心で整理をつけることさえできれば成功なのです。


■たまこまーけっと
第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」

もち蔵ママ、美人だなぁ。

みどりちゃんがあんなに積極的に妨害に出るとは意外でした。表面的には二人を応援しながら心の中で自己嫌悪するタイプかと思っていたので。でもそれは見ていてつらすぎる。これくらいアクティブなほうが安心できるかも。

ひょっとしたら、みどりちゃんはもち蔵に気があるフリをしていれば、たまことの仲を妨害できるんじゃないでしょうか(笑 たまこ自身は恋愛脳ゼロみたいだし。

  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。