スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ねずみ花火に追いかけられたトラウマが

■新世界より
26歳早季かわいい。
心配していたCVの変更はありませんでした。ナレーションの声は26歳よりもっと年経た、それこそ早季が富子さまみたいになったイメージだから、今の早季には合わない気がします。

破滅の予感がひしひしと。
スクィーラは前から悪い顔してましたが、もう今は完璧な悪人顔ですね。
見るからに信用できそうにないんですけど、それはあくまで視聴者視点であって、そもそもバケネズミに関心の薄い神栖の人々からすればスクィーラと奇狼丸のどちらを信用すればいいのか、聴取だけでは判断がつかなかったというところでしょうか。
早季は彼らに直に接する機会も多く、あの中で唯一二人を人格で判断できる立場にあったわけですが、彼女はもともと善良というか………他者の悪意に疎いところがありますからね。その点でいえばまだ覚のほうが悪意に敏感でした。
奇狼丸はもっと隙のない人物かと思っていましたが、案外直情的なのかな?
彼は古い時代のバケネズミの頂点、という描かれ方をしているのかもしれません。視聴者視点では彼をもっと信用してあげてほしいところですが、兵士に戦闘薬を投与するというやり方に早季が嫌悪感を覚えているのがわかります。彼女にとってはどちらも所詮バケネズミなのかな。

事態は早季たちの想像以上に早く展開していそうです。
大雀蜂が壊滅、というのは何か画期的な新兵器の投入でそうなったのだろうと予想されますが、紅雀蜂の裏切りはどういう理由によるものでしょうね。


■AMNESIA
世界がリセットされるたびに恋人が替わるんでしょうか?
というわけでシンルート完結。
シンはキャパシティの小ささが可愛いですね。主人公ちゃんが記憶を失う前はその小ささにどのように振り回されていたかを思うと楽しい。

とりあえず誤解も解けて「ああ、彼を守ってあげたいなぁ」なんて気分になったところで世界リセット&ルート変更では、主人公ちゃんも心の整理がつかないのでは。
だって、この世界でイッキと恋人ってことは、つい数時間前まで心を交わしていたシンとはただの幼馴染に戻るばかりか、彼の目の前でイッキがいちゃいちゃしてくるわけですよ。どうすればいいの(笑


■まおゆう魔王勇者
まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」(1) (角川コミックス・エース)まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」(1) (角川コミックス・エース)
(2012/09/01)
石田 あきら、橙乃 ままれ 他

商品詳細を見る

石田あきら先生の手によるコミックス版、我慢しきれず買っちゃいました。
お も し ろ い。
キャラデザも魅力的ですが、それ以上にマンガとしての魅力に満ちています。
未読の方にはぜひにとオススメしたい。
アニメよりも説明がわかりやすく説得力があるのもすばらです。


■たまこまーけっと
あんこ回はいきなりMXが映らなくなったおかげでAパートを見逃しました。
スカイツリーへの変更のせいなのかな。
みなさん、チャンネル再設定はお早めに。

あんこが自分より小さいお稚児さん相手にお姉さんしてるところがほっこりしました。
そしてみどりちゃんがでてくるたびにときめく。

たまこまはメインの三人娘でラジオもやってるんですが、アニメの内容にかかわるトークが多めで楽しいですよ。途中で毎回ミニドラマも入りますから、特に声優さんに興味がなくてもオススメです。
たまこまーけっと もちもちラジオ

  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。