スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ソードアート・オンライン #24 「鍍金の勇者」~#25「世界の種子」

おかえり、《閃光》のアスナさん………。

SAOをクリアされてすぐ会えたものだと思っていたら、フェアリィ・ダンス編第一話のあのショック。この出会いを1クールも待たされましたよ。よかったですねぇ………。
起きたばかりのアスナがわりと健康そうに見えるのは純粋に絵的な都合でしょうが、私はここでやせ衰えていたほうが場面としては美しいんじゃないかと思います。

須郷はイヤなキャラではあったけど、末路が見えていたからそれほどストレスフルではありませんでした。AWの能美のほうがよほど精神に堪えましたね。いくらあがいても倒せず、こちらの大切なものを奪われるばかりというのはなかなかにつらい。

アスナにとって、茅場は今でも「団長」なんですね。それほど親しくはなかったにせよ、75層まで苦楽を共にした間柄ですもの。

直葉が最後に感じていたものは、デスゲームを経験した仲間たちからの疎外感でしょうか?
それとも別の、アスナを筆頭とするキリトの大切な人たちに自分は並べないという諦めでしょうか?
せめてALO内でキリトがもっとリーファを頼りにしてくれていたら、直葉も自信を持ってキリトの隣に並べたのでしょうか? ALOにおけるリーファの役割はキリトのサポートでしかなかった。けれどアスナは違います。彼女はキリトの隣で刃を並べ、ともに死線をくぐってきたのです。
かなわない。
そう直葉が感じるのも無理からぬことだと言えます。

ゲーム同士が繋がってキャラが移行できるというのは楽しそうですね。私も、ROで育てたキャラが他所に移せるならちょっとネトゲー復帰してみるかも。
実際にやるとなると互いのゲームシステム上で齟齬が発生するからその調整は大変でしょうけれど。たとえば、ドスキル制のALOのキャラがレベル制のアインクラッドに乗り込んだ場合、スキル値からレベルが調整されることになるんでしょうけれど、それでは低層階なんてとても楽しめないでしょう。低層は低レベルだからこそスリルや達成感があるのですから。そのあたりをどうするのかな~なんて考え出すとキリがありませんね。

そういやシグルドさんはあれきりでしたね。いかにも再登場してなにかやらかしてくれそうなキャラなのに。あのキバオウさんでさえ名前だけとはいえ再登場したというのに………。

SAOはこれで終わりですが、あまり寂しさは感じません。アインクラッド編で最後だったら喪失感もあったかもしれませんけど、フェアリィダンス編があったおかげで未来につながった、続きを待てるアニメになったと思います。たぶん二期やりますよね。

エンドカードにサチがいるのがなにより嬉しい。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。