スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ソードアート・オンライン #19「ルグルー回廊」

うわー、シグルドさんにはがっかりです。
高慢で自尊心の高いシルフ族のロールプレイの達人だと思ってたのにっ!
どんなに相手に不快感を与えようと、シルフ族の権益と誇りを守ることにかけては随一、というのがああいうロールプレイの鉄則じゃないですか。

ただ、領主を売ることでシグルドさんにどんなメリットがあるのかがわかりません。
自分が領主にとってかわるのは、計画が露見した時点で無理でしょうし、あるとすればサラマンダーからの報酬くらいかなぁ。そんな小銭のために「俺ってつよーい」する機会をあのシグルドさんが手放すかなぁ?
それともシルフ族での世界樹制覇に見切りをつけたってことなんでしょうか。
どのみち種族が違えば上位種にはなれないわけですが。


シグルドの計画って漏れた時点でアウトですよね。だから計画が遂行されるまでレコンを殺さずに捕らえてるんでしょう。でもこれはただのMMOであって、ログアウトすればリアルで他者に連絡を取ることが可能です。完全に露見を防ぐことはできません。
ただ、ここで動けるのがリーファだけだったってことは、レコンはリアルで繋がりがあるのが直葉だけで、その直葉=リーファにしても、ゲーム内で連絡をとれるシルフ族のフレンドがレコン以外誰もいないってことになりますね。古参プレイヤーなのに。直葉ってばやっぱりキリトの妹なんですね。


たしかに、アスナを期限内に救い出すことを最優先にするなら、ここでリーファを切ってサラマンダーに取り入るのが一番だと思います。
でも目的遂行のために自分の大切なものを切り捨てていくことをキリトは選ばなかった。リーファは味方もいないこの世界で、ただ一人自分を助けてくれた人なのです。種族の有力者から目をつけられるというリスクを負ってまで。そんな彼女を切り捨てて世界樹にたどり着いたところで、それはアスナの愛したキリトではない。
キリト自身はそういう言い方をしてませんが、結局そういうことなんじゃないかと私は思います。

というわけでキリトさん妹を順調に攻略中の19話でした。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。