スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第15話「関門」

セーラ×憧が!
セーラ×憧が!!
この二人の薄い本を早く!

なんだろう、この二人。
並ぶとすっごく絵になる。
ぱっと見男っぽいセーラと、見た目可愛らしい憧の組み合わせがツボです。
ライバル、と呼ぶには力量の差があって、たぶんセーラは憧の必死の食い下がりを可愛いなぁくらいに思ってる。憧のほうもその差は実感してるから畏れを抱きつつも、持ち前の強気でなんとか張り合ってる。
この二人の絡みはもっと見たいな。
ドキドキしてる憧が新鮮でした。
穏乃とじゃこんな顔は全然見せてくれないのに………。

セーラって南三局までに+53000も稼いでたんですね。驚異的。
「親っかぶり上等  !!」とかフナQの分析を聞き流してたりとか、もういちいち格好よすぎる!

「ありがとうございました」とお辞儀する憧が猫かぶってるというかお澄まししてて可愛いですね。たぶん学校の教師の前なんかだとずっとこんな感じに違いありません。

「いやでも仲良くなるまでは逆に敬語とか多いんですよ?」
そういえば、ドラマCDでは灼にたいしては敬語でしたね。
でもインターハイではもうタメ口に。

「連れて行く! 決勝まで……!!」
この準決勝は阿知賀にとって、和との対戦への関門であると同時に、赤土さんのため乗り越えなくてはいけない壁でもあるんですよね。その後者の理由をもっとも強く意識してるのがこの灼に間違いないわけで。
準々決勝では省略されてしまいましたけど、今度こそ活躍してくれることでしょう。

さて、新道寺の鶴姫&シローズの能力が照によって明らかになりましたが、
こんなガチな能力者は初めてです(笑
あんたらどれだけ仲良いのさっ!
この二人が一学年違いというところに運命を感じてしまうなー。
高一と中三に分かれてしまった一年間がどれほど長かったことでしょう。

他校のエースや二年生をさん付けで呼ぶ照から良い人オーラが感じられてならないんですが。なんだかもうすっかり初期のイメージが崩れ去ってしまってます(笑
一期DVD8巻のあの凶悪顔は何だったの………。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。