スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)
(2012/10/10)
川原礫

商品詳細を見る

キリトとアスナの第一層での出会いって、アニメオリジナル設定から公式になりましたね。いえむしろこういう構想が元からあったとみるべきでしょうけれど。
私としては、ヒロインとの縁というのは鮮烈なものが序盤にあって、それが後々の再会で花開くというのが好きなので大歓迎でしたが………

第二層でさっそくいちゃついてるじゃん!

川原先生はできるだけ整合性をとるみたいなことをあとがきで仰ってましたが、これはもうひとつのSAOってことでいいんじゃないでしょうか。アインクラッドで生きる喜びは何も昼寝がきっかけでなくても、これから二人が一緒に見つけていけばいいことだし。むしろここでアスナがキリトを目標とした意味は大きいと思います。

黒猫団の悲劇はキリトが人恋しさから発生したものだから、この流れだと事件そのものがなくなってしまいそうだけど、私はそれでいいと思ってます。サチを二度も死なせなくても。むしろ黒猫団とは別のかかわり方をしてほしいな。キリトが孤独じゃなかったからこそ起こらなかった悲劇を読者に感じさせるだけでもSAOPの意味は大きいと思うので。

もっとも、この先アスナと決別してソロキリトくんになる展開もあるのかもしれませんけど、それはどんな事件でしょう。想像つかないな………。
この流れだとよっぽどのことがない限りキリトとアスナの決別はなさそうな気がします。血盟騎士団に入ったぐらいじゃ弱いでしょうね。団員のビーター嫌悪とかアスナなら眼力で黙らせそうだし。
そもそも、血盟騎士団入りって物語上の必須条件でしょうか?
騎士団入りしなくても大体の騎士団絡みエピソードは代替できそうな気がします。アスナの有名人化も二層ですでに進んでるし、クラディールみたいなのは別に騎士団に絡めなくてもやれるでしょう。無理があるのは団長とのデュエルくらい?

AW、本家SAOとの並行作業なので刊行は年一冊が限度ということですが、次巻を楽しみにしてます。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。