スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

締め切り近いので短めに

■氷菓
第14話 「ワイルド・ファイア」
わらしべの行き着く先はあそこでしたか。ちょっとホっとしました。もしあのわらしべが氷菓200部の完売を解決するような要素だったら、古典部のみんなの頑張りは何だったんだろう、と虚しくなってしまったでしょうから。
今回は奉太郎の意外な成長や、千反田さんと里志の噛み合わなさなど、新しい一面が見られて楽しかった。

■ソードアート・オンライン
#03 「赤鼻のトナカイ」
たぶんサチが本音を吐露すれば黒猫団のみんなはサチを戦列から外してくれたと思うんですよね。でもそんな一人だけ戦いから逃げて養われるような立場をサチ自身が受け入れられなかったんでしょう。だから言えなかった。
でもキリトには言えたのです。
だからもしサチを救う分岐点があったとしたら、サチが姿を消したあの夜。キリトはあのままサチを連れ去ってどこかへ行くべきだったのです。黒猫団を捨てて。

■恋と選挙とチョコレート
第3話 「戦略!」
ペコ島と先生の関係がよくわかりません。ペコ島が世話を焼いてるように見えて、その実ペコ島が支えてもらってるようにも見えます。

■TARITARI
第3話 「振ったり出会ったり」~第4話 「怒ったり踊ったり」
バドミントン部が潰されたのは合唱部の巻き添えのように見えるんですよね。人数が足りなくなった合唱部を即刻廃部にしたいけど、それなら同様に人数の足りないバドミントン部も潰さなければ大義名分が立たないから。
もちろん普段から零細部の整理をしたいと考えていた可能性もありますが、あの教頭だと前者の可能性のほうが高そう。
一人だけの部活とはいえ、去年全国大会に出てるんですよね? 実績を残してるのに廃部にしたがる理由はやっぱりそこかな、と。というかあの教頭、声楽部のことなら発表会でもこだわるのに、バドミントン部の実績なんて歯牙にもかけてないんですね。
おそらく教頭には教頭の歴史があるんでしょうけれど、この先どんなエピソードが出てこようと彼女の低評価を改めることは難しい気がします。どう見ても私情で動いてるし、生徒の扱いが公平じゃないんですもの。

■人類は衰退しました
episode.03 「妖精さんたちの、さぶかる」
「同類誌」というのは案外正しい呼び方かもしれません。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。