スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

今週の神のみぞ知るセカイ

FLAG191「A GIRL」~FLAG192「Hi-日常」

新章突入しましたね。
ここ二週の桂馬を見てると、もう攻略や女神を遠ざけたいって空気が感じられてなりません。
女神を探し始めた当初の目的は駆け魂狩りからの解放でした。それが今も変わっていないなら女神の力の完全復活に向けて6股は維持すべきはずなんですけど、なんだかそんな気配が感じられない。

思えば、女神探しの目的はかのん刺傷事件以降「駆け魂狩りを終わらせるため」から「宿主を守るため」に変化していました。その過程で攻略対象であるちひろをひどく傷つけてしまった桂馬が、攻略という行為そのものにうんざりしたんじゃないかと、そんなふうに見えるのです。
少なくとも宿主の命の危機は去ったのだから、自分はもう手を引きたい。そんなふうに思ったとしても不思議じゃありません。

仮にそうだとしたら、もう一度桂馬を動かしうるのはヒロインたちではなく、迫ってくる危険、くらいしかないんじゃないでしょうか。だから新章は6股ハーレムじゃなくてこんな始まりになってるのかもしれません。
私としても、自分の幸福ためにちひろの見てる前で平気な顔して6股かけてる桂馬はあまり見たくないので、こういう展開は歓迎したいな。


メインキャラでありながら、女神編からほぼ締め出されてしまったエルシィが不憫でしたけど、新章を見てるとこれでよかったのかもと思わなくもありません。エルシィにはちひろ関連のエピソードは知らないままでいてほしい。エルシィのためというより、桂馬やちひろや、読者のためにも。
ちひろ再攻略についてはハクアも把握してないんでしたっけ。留守にしてて。逆にハクアには桂馬と痛みを分け合ってほしかったかな。

天理の積極性には驚かされました。今までは、遠くから心配はしても、ああいう行動に出すコではなかったから。
以前「……謝らなくていいのに」で一瞬翼が出現した場面がありましたね。あそこから判断するに、天理という恐ろしく我も欲もない子が、彼女にしては珍しく、自分は桂馬から遠慮され謝られるような存在ではいたくない、彼の特別でありたいという願望を抱いたことが、一瞬の翼の出現に繋がったわけです。
そして今の天理には翼がある。それは彼女がもう待つだけ許すだけの女の子ではなく、自分から求めることを覚えた証ではないでしょうか。どうやら新章の天理は一味違うようです。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。