スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

The Meaning of Bite.

■モーレツ宇宙海賊
SAILING 25 「開催!海賊会議」

私としてはこういう現代的な海賊も面白くてよいのですが、純粋な血統の海賊からすれば堕落としか映らないようですね。海賊狩りの理由もそこでしたか。
しかし売られた喧嘩には違いありません。そこを海賊船長としては一番の新参である茉莉香が取りまとめて決戦となるとは頼もしい限り。

………しかし彼らの言う「海賊」とはどんな姿を指すんでしょうね。広大な帝国の版図において、海賊が本当の意味で海賊行為を働くことは免状の失効に繋がるはず。まさか外宇宙を目指せとでも言うつもりでしょうか。

鉄の髭とクリスティアの関係もいまいちわかりません。共に銀河帝国所属の海賊ということですが、その態度はじゃじゃ馬姫とそのお目付け役の騎士のようではありませんか。

チアキちゃんは後で後悔するくせに、そのときはノリノリなんだからどうしようもない(笑


■さんかれあ
原作はわりに楽しいお話…と聞いていたのですが、アニメは終始未来への不安を感じさせる切ないテイストで押し通しましたね。制作側と打ち合わせながらつくられたED曲「Above your hand」が全てを象徴しています。
現状考えられる手段では、礼弥を長らえさせることと、礼弥の望みどおりに生きることとは両立しないわけです。結論として、短くとも思い通りの生を全うすることを選択したわけですが。
けれどゾンビ化の仕組みはいまだ解明されていません。そこに希望を見出せると信じたいですね。


■夏色キセキ
第11話 「当たって砕けろ!東京シンデレラツアー」

いざ本番となると怖気づくところがいかにも優香でした(笑
このコは本当に面倒くさ可愛い。

しかししかし、まさかのエンドレスエイト。
「この夏が終わらなければいいのに」の根幹には紗季と別れたくないという思いがあるのですから、オーディションに受かるまで夏を繰り返すんでしょうか?
たしかに、何度も同じオーディションを受けていれば緊張もとれるし、面接でも良い答えを返せるでしょうけれど。
でもダンスでの失敗以外、これといった瑕疵は見受けられなかったんですけど。強いてあげるとすれば「四人の中で一人だけ受かったら」って質問かな。私はあそこで「四人でなければ」って答えて欲しかった。


■咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
第11局 「決意」

「悪いな新道寺、その牌がわからんかった」
「いいってことですよ。……すばらです!」

………格好いい。
なんでしょうね、すばらさんのこの存在感。
彼女がいなければこの卓はもっと荒涼とした雰囲気になっていたことでしょう。彼女がいるから私たちも見ていられるのかもしれません。それほどにこの先鋒戦は終わりの見えない牢獄と化している。

すばらさんはてっきり新道寺のエースかと思っていたら………捨て駒だったとは!
しかもそれを知ったときの彼女のポジティブさは何としたことでしょう。
俄然彼女を応援したくなりましたよ。
すばら

だんだん壊れつつある怜を見ているのがつらくなりますね。
そもそも彼女は偶然異能の力を手に入れただけの凡庸な打ち手であったわけです。しかしその一巡先を見る能力さえ通じず、禁断の領域にまで踏み込んでなお力及ばず、とうとう明らかに手を出してはいけないところに手を伸ばそうとしている。仲間の期待に応えるために。
たぶんこれが最後になるんでしょうね。

健夜-福与組はじゃれあいが楽しい二人組ではあるのですけど、私は三尋木-針生組のほうが場が盛り上がって好きですね。三尋木プロは異能への理解も深いし。

「えらいこと悲嘆に暮れとるみたいやけど、あんたには随分と助けられとるんや」
「阿知賀がドラを抱え込むからこそ、他の手が読みやすく、チャンピオンは打点を上げることができない」

一度も和了ることのできない玄ですが、その価値を他家から認められているのは皮肉なことです。図らずもこの卓は照vs三人の構図になっているわけですね。

和もとうとう会場到着。
彼女が阿知賀メンバーの存在を知る瞬間が近づいていますね。


■氷菓
第十話 「万人の死角」

人を使うのがうまい、というのが里志の入須先輩評でしたが、この場合は奉太郎がちょろすぎたというべきでしょうか。彼は千反田さんに会って以来、いつも道に迷っているようなところがありますからね。入須先輩のように道を指し示してくれるような人の存在をどこかで望んでいたのかもしれません。
にしても、今回一人で臨んだのは失敗でしたね。
的確にデータをくれる里志、適度にケチをつけてくる摩耶花、本能的に正しい方向を知りながらその答えを奉太郎に求める千反田さんたち三人の存在は、奉太郎が力を振るう上で欠かせない存在になっているのだと、今回証明されたみたいです。


■アクエリオンEVOL
最後にスオミ×ドナールが見られたので満足です。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。