スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

離れ難かったんだ

離れ難かったんだ/桂ちひ

もうきっと、これほど桂木と近づくことはないだろうって思ったら


神のみぞ知るセカイ
FLAG185 「シャドーシティ」


やはりちひろは歩美に自分と同じ場所に立ってもらいたいんですね。
そして確信している。歩美ならそれでも桂馬を受け入れるって。
なぜなら、これだけ知った今でも自分が桂馬を好きだから。

ただ、ちひろも全部を理解してるわけではありません。
彼女は、自分もまた桂馬に攻略されていたことを知らない。
歩美攻略に不利に働くとわかっていながら、なぜ桂馬が自分に構ったのか、デートに応じたのか、それがわからないでいる。けれど落ち着いて考えればわかるはずなんです。六女神とか新地獄の事情なんて知らなくても、答えにはたどり着けるはずなのです。理由あって歩美を攻略している桂馬が、なぜ自分にもちょっかいをかけていたのか。桂馬という人間をこれほど知った彼女なら、手持ちの材料だけで答えを導き出せるはず。

私はそれでもちひろの心は変わらないと信じていますが。


桂馬とちひろの接近って見ていてどきどきします。初攻略の掃除当番のときから。
ちひろと触れ合ってる桂馬は神さまでもなんでもなく、ただの少年となって同い年の少女の感触に動揺しているように感じられて。
桂馬がちひろを対等に扱ってるからでしょうか。

桂馬のポケットから抜き取ったピックに、ちひろはどんな意味を見出したのでしょう。
自分を冷たく突き放したはずの桂馬が、まだそれを持っていたことに希望を見つけたのか。
それとも、歩美のために自分を殺すべくとった、別離の証だったのか。
個人的には前者であってほしいところです。

ハクアvsリューネは得物が鎌とカッターということで、痛々しい戦闘シーンになってますね。手傷も快楽に変えてしまう変態リューネがやや有利みたいですが、ハクアは逆転できるかな?
ハクアはリューネをよく知らないから説得も試みてますが、「悪魔とはこうあるべき!」なんて唱える頭でっかちのフィオーレと違って、リューネは己の快楽の追求のために旧地獄のような秩序なき世界の復活を欲しているわけです。説得は無理。
もしリューネが翻意することがあるとすれば、それはヴィンテージ上層部の思惑が彼女の希望とずれていたときでしょうね。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。