スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

くまさんエプロンは狙いすぎだろあやせ………。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10 (電撃文庫 ふ)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10 (電撃文庫 ふ)
(2012/04/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


遅れてきたヒロイン登壇ですね。
あやせと京介の関係ってあの最初の嘘から始まっていて、お互いに嘘だとわかったうえで、その嘘を軸に関係を成立させていたわけです。
でもその嘘があるがゆえに、あやせは京介に近づくことができないでいたんですよね。京介-あやせのラインはあくまで京介があやせに好意を持ってることが前提であり、あやせの側から好意を示すことがタブーだった。どんなに見え見えでも、あやせ自身がそう認めることができなかった。京介のお世話係争奪戦で結局名乗り出られなかったのもそのせいです。
作中でも指折りのスペックを持ちながら、彼女はヒロインになれないでいた。
でもその箍がとうとう外れてしまった。外してもいい、と京介が思わせてしまった。
これは強力なヒロインの誕生ですよ。
なにせ彼女は京介の理想の体現者ですからね。
ただ、彼女のこれまでの輝きはあくまで京介を忌み嫌うことで発揮されてきました。京介への好意を認めてしまった彼女が、はたして今まで以上の輝きを放つことができるんでしょうか?

桐乃と黒猫の関係が安定期に入って、これからどう話を動かすんだろうと正直心配していたのですが、無用な心配でしたね。さすが伏見先生。次巻が楽しみです。

あえて心配するとしたら沙織でしょうか。最近キャラが変わってますけど安定しないし、ぶっちゃけ今の彼女をどうとらえてよいのかわかりません。沙織のプライベートって謎のままのほうがよかったのかも。
  拍手する
コメント

No title

せんせー、地味子の出番が欲しいですorz
めがね……地味子+眼鏡があれば、まだまだ戦える!

No title

次回きっと桐乃との対決で目立つよ!
目立つよ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。