スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

今週の神のみぞ知るセカイ

■神のみぞ知るセカイ
FLAG182 「TRUE LOVE」



ちひろはいい女だなぁ……。
これ、やったちひろが一番痛かったでしょうに。
しかしこれでちひろはハクアや天理と肩を並べるヒロインになったと言えるんじゃないでしょうか。

ちひろの目的はやはり桂馬の援護射撃と同時に叱咤でもあったんですね。
それはまああんなバカ芝居で落とされるのは納得がいきませんよね(笑
いえ、バカ芝居でもいいんですが、いつもの「+α」がない。桂馬のやり方が計算づくなのはいつものことなんですけど、歩美の心を解きほぐす決定的な一撃に欠けてるんです。もしそれが見えていればちひろにもあそこまで口出しされなかったんじゃないかって気がしますが。
ちひろの件は桂馬が「この際無視する」ことにした重すぎる枷でしたが、ちひろ自らそれを解き放ってくれました。これは大きい。
その代わりに与えられたのがこのネタばらしであり、これを誠意と本気で乗り越えてみせろとちひろは示したわけです。
言い訳のきかない相手には誠意をもって当たるしかない。それは月夜再攻略のときに見せた通りです。ちひろもそれを期待していたようですが………桂馬の解釈はちょっと違うようだぞ!?(笑
さすが神にーさま。ここからの神さまは読めない!
栞や月夜はともかく、歩美は白馬の王子様を待つタイプには見えないんですが、いったい何をするつもりなんでしょうね。
ひょっとして、どんなに馬鹿馬鹿しく見えようがこれが僕の本気だ!アピールなんでしょうか。
まさかね。

さて役目を終えたちひろですが、まずいところに気がついてしまいましたね。
「それより、聞いていい?」
「桂木はなんで、私とデートしたのさ?」

この真実を知ることが、ちひろにとって吉と出る凶と出るかわからない。あの夜の暴言が、女神ナシと判明したちひろを遠ざけるためだったと知れば、ちひろの心は救われるかもしれない。一方で、自分もまたアイのない攻略の対象だったと知って、ちひろが再びショックを受ける可能性もあります。
この疑問、追及されずに済ますことはできそうにないぞ………?
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。