スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

予告のバカップルぶりがもう

■あの夏で待ってる
第10話 「先輩と僕らの。」

海人と先輩は決着してバカップル化してしまったので、次は一方通行トライアングルの三人の番ですか。
一方通行なだけあって、告白された側が告白した側から勇気をもらうという連鎖反応が起きて、全部一気に吐き出しちゃいましたね。見事というほかないくらい。
先輩を映画撮影に引き込んだり、柑菜を焚きつけたり、海人に柑菜の気持ちを告げたりと、裏で物語をリードしてきたはずの哲郎が、実は一番みんなから取り残されていたというのは面白い結果です。
なんだかんだでこの物語の主人公って、私的には哲郎でしたね。

あれ? 先輩のお姉さんの声って堀江由衣さん?
………全然わからなかった。。

■アクエリオンEVOL
OPのクレアが髪をかきあげるシーンが好き。
ラスト付近のミコノの表情もいいですね。
今期のOPでは一番好きかも。

■モーレツ宇宙海賊
SAILING 10 「嵐の砲撃戦」

茉莉香の船長としての成長が毎回感じられてわくわくします。
前回ではまだミーサのフォローを必要としてましたが、今回は茉莉香が一人で正しい判断を下してました。
グリューエルは、相手がセレニティ星系軍ならば前回と同じ手段が通用するはずだと思ったようですが、今回は状況が異なります。前回が公道ならば今回は路地裏での出来事。セレニティ側にしても、相手が弁天丸だと判明した以上グリューエルの意向がはたらいているとわかってるはずなのに交信する意思が無い。これが何を意味するのか。この条件で通信を申し出るグリューエルはやっぱり温室育ちなんですね。
しかし茉莉香にはわかっていて、ブリッジのクルーもその判断には満足したようです。ミーサが口出ししなかったのがその証拠。だんだんとクルーの信頼を得つつあるこの展開は気持ちいいですね。

超高速跳躍っていわゆるワープですよね。
船より先に反物質ミサイルを打ち込んだのは、跳躍先の空間を掃除するためでしょう。ワープって、空間に出現するという現象だけみればテレポートみたいなものですから、出現先に物質があるとまずいですものね。今回はそれがずれたので融合爆発が起きたという事でしたが、それってブリッジや機関部で起こってたらホントに死人が出ますね。オソロシイ。。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。