スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

今週の神のみぞ知るセカイ

FLAG180 「Dirty Works」


ピーピングちひろ
ピーピングちひろ

「なんじゃこのバカ芝居は   !!」
「それでさっきから……桂木は歩美をユーワクしてんの?」ユーワクって言い方はなんだか可愛い。

歩美の攻略は予想以上に順調ですね。
奥さん見ましたか歩美さんの着替えと態度。どう見ても慌ててぱんつを取り返しに来た女の子のものとは思えませんことよ(笑
倒れそうになった桂馬を歩美が引き起こすという、今までの再攻略同様、最初の攻略を思い出させる演出も忘れてません。その流れで、歩美が最初の攻略を覚えてることも確認できました。(結の例もありますしね)
たしかにあのとき二人はキスを交わしたけど、何か「それから」の約束をしたわけではない。桂馬が歩美を応援していて、歩美がそれに応えたというだけの関係です。ならば二人はまたそこから始めることができる。
唯一の障害がちひろのことでしたが、そっちは歩美が自問自答で解決しちゃったのかな? もう二人にはほとんどわだかまりが無いように見えます。

ちひろは引き続き観察中。
桂馬の行動の理由がまだよくわからないから心中で反対はしてますが、邪魔をしに出ていかないのはハクアのフォローがあってこそでしょう。ここでハクアが偽エルシィだったのが活きてますね。ハクアにしてみれば数日を共に過ごした仲ですから「ちひろ」と呼んでますし、態度も柔らかい。本来なら「おまえ」呼ばわりのうえ、もう少し強い態度で臨んでいたことでしょう。
そのハクアの態度は真剣そのもの。まして特撮だと言われていた連中に邪魔をされて、それを鎌で切り倒したとなってはもう桂馬たちがただの悪ふざけでやってるのではないことを納得しはじめているのではないでしょうか。
逆にハクアが説明しすぎないことで、ちひろが自力で事態を推測しようとしているのはよい傾向です。そもそも説明されてハイそうですかと納得できるような事態ではないのですから。彼女が自分なりにたどり着いた答えのほうが、本人も納得しやすいでしょう。

しかしちひろという第三者の目を通すと、桂馬の攻略というのはホントに馬鹿馬鹿しく見えますね(笑
そのへんは桂馬も自覚しているのでしょうか。「お前らうるさいぞ!」と一喝する桂馬の頬が染まっています。地獄関係者のハクアだけならまだしも、同級生のちひろの見ている前で芝居をうつのはさすがの桂馬といえどやりにくいのかもしれません。

さてさて、最悪のタイミングでリューネにミートしちゃいましたが、次号どうなることでしょう。
桂馬はリューネを敵と認識できていません。ここはリューネ次第ですね。
問答無用で捕縛にかかるのか、それとも桂馬たちの後をつけて女神にたどり着こうとするのか。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。