スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

今週の神のみぞ知るセカイ

FLAG178「特異点」


おや?
ハクアの話を聞く限り、二階堂たちと繋がりをもった様子はありませんね。
助けに行く算段もできないまま歩美攻略を再開するのは非常に思い切った決断ですが、「明日」という期日をはっきり示されたことが理由でしょうか。
「多分、女神は殺されない」
そう言い放った桂馬の表情が見えませんが、彼にとっても苦渋の決断なんでしょう。
まあ二階堂たちの助けがないならどのみちこれしか選択肢はないんですよね。救出できる見込みがほとんどありませんから。

しかしこの期に及んでも桂馬は「女神に何ができるのか」の確認をしてません。
女神は完全な状態で6人そろえば地獄を再封印できる。
現状わかっているのはこれだけです。
リューネたちの襲撃前にも、大事な現有戦力であるはずの女神たちが現在の力で何ができるのか聞こうとすらしてません。彼女たちは自衛ができればそれでいいとしか考えてなかったのです。
このことだけとっても、桂馬が新地獄側の主人公でないことが覗えますね。彼にとっては「神のみ」は自分とヒロインの物語であって、新地獄の事情なんてものは割って入ったサイドストーリーでしかない。
逆に、新地獄を中心としたストーリーの主人公はハクアや灯・二階堂たちであって、桂馬はそこにおける重要なキーマンではあっても、中心人物ではないのです。

この先考えられる展開としては、「妙な術をいっぱい知ってる」メルクリウスの復活を頼りとして女神を奪還、新地獄そのものとはいかずとも、あの一本岩の出口を封印することでヴァイスの侵攻を食い止めるといったところでしょうか。
一度侵攻を許してしまえばそれはもう「戦争の始まり」ですからね。
しかし………これだと天理の翼イベントは間に合わないんじゃないでしょうか。時間がなさすぎる。

気になるのがリューネの動向です。女の子の数が足りない事に気づきましたよ。このままアジトでぼんやり待っててくれそうには見えません。再襲撃を覚悟したほうがよさそうです。
ギラ相手には圧勝したハクアでも、リューネ率いる部隊相手にどれだけやれるかわかりません。

さーて、問題のちひろですが………どこまで受け止めたでしょうね。
桂馬たちの話がたんなる出し物の打ち合わせじゃないことは彼らの真剣さから感じ取ってる様子です。でなければ、「あんたら何? 歩美に何するつもり!?」なんてセリフはでてきません。かといって、ちゃんと理解できたとも思えません。
ちひろが話を立ち聞きしていたことは桂馬の計画にないはずですが、桂馬はこれを有効活用できるのか?
それとも桂馬の計画外のところでうまく作用するのか?
いずれにせよ、長かったW攻略も決着しそうですね!
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。