スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

海賊服が意外なほど似合ってた

■あの夏で待ってる
第五話 「先輩はヒロイン。」

檸檬に間接的にいたぶられてるイチカが面白い(笑
なぜ檸檬に正体がバレているか、なんてことは考えるだけ無駄でしょう。檸檬は存在自体がお遊びみたいなものでしょうから。
でもこういう位置づけだと、「おね☆ティ」の苺のようなエピソードは期待できそうにありませんね。

哲郎が勝手に動いちゃいましたけど、これもある程度仕方ないかな。あのままだと柑菜は動きそうにありませんものね。
哲郎としては、このまま海人とイチカがくっついてしまうのは我慢がならないところでしょう。それでは海人が柑菜に対して答えを出さないままです。それでは柑菜はどこへもいけない。

そういえば、イチカ先輩の食事シーンって見たことないんですが偶然でしょうか?
家で作っても先輩の食卓には何も並んでないんですよね。今回も海人と柑菜に並べられてるだけで。1話でコーヒー尽くしのパンを買ってましたけど、結局封も切らなかったし。
飲み物は摂れるようですから、ただの考えすぎかな。


■モーレツ宇宙海賊
SAILING 6 「茉莉香、初仕事する」

この平時に海賊って何をするんだろうと思ってたら、興行ですか(笑
襲われる乗客も、経験済みな人と未経験の人とで温度差があって楽しかった。少なくともそれくらいのレア度ではあったわけですね。まして船長が若い女の子とくればこれは本当に貴重な体験でしょう。

前回までは素人集団の中で茉莉香の優秀さが際立っていましたが、今回は逆に、プロフェッショナルの中に見習いとして放り込まれた形です。本来何年もかけて習得していく技術や知識を短期間に身につけなければならないのはちょっと気の毒なくらいでしたが、茉莉香の前向きさに救われています。

チアキは茉莉香をあくまでライバル視したいようですね。
突然出生の秘密を告げられた茉莉香とは対照的に、チアキは小さい頃から海賊の船長となるべく自覚を持って生きてきたことでしょうから、ぽっと出てきた才能あふれる茉莉香の存在はとても素直に認められるものではないでしょうね。ましてその彼女が自分を追い越してすでに船長となってしまったとあれば。

茉莉香の海賊適性というのは今回さまざまな人の口から語られましたが、茉莉香自身の思いはというと、少なくとも宇宙の船乗りとしては文句ないようです。その中でも海賊というのは最も自由度の高い選択肢でしょうから、やはり彼女はなるべくしてなったというところでしょうか。

ただ、今回はお気楽な興行でしたが、どうやら海賊の仕事はそれだけでもないようです。次回を楽しみに待つとしましょう。


■アマガミSS+ plus
七咲編楽しかったー。
梅原や美也といった脇が光ってましたね。
梅原と高橋先生はあのままロマンスが生まれてくれないかな(笑

■偽物語
二期に入ってからだと、ガハラさんとのシーンが一番楽しいかも。
さすがメインヒロイン。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。