スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

たまゆらとFate/ZeroのEDがお気に入り

■WORKING'!!
4品目 「マンホールスパイラル」

八千代さんの変人性を改めて実感。普段はワグナリアの中でも常識人ポジションにいるから、こういう再確認はかえって新鮮でした。

「佐藤くん………私のこと、好き………?」
この返答するまでの 間 がすごかった。。
そして伊波さんのうざいことうざいこと(笑

「噛み癖があって、死ぬほど苦労してしつけてる犬が、自分にはまだ噛み付くのに、違う飼い主に懐いちゃった、みたいな」
これは小鳥遊くんなりの独占欲の発露なんでしょうけれど、現時点でこのように思っているのもまた事実なんでしょうね。小鳥遊くんが恋心を自覚するのは、もう一人の人物の登場を待たなくてはなりません。

誤解から生じた告白劇でしたが、小鳥遊くんから他に好きな人がいると告げられたときの、伊波さんの瞳が潤む様が綺麗でした。

「もう~しょうがないなぁ、おとうさんは♪」
ここの発音、どう聞いても「音尾さん」ではなく「お父さん」でしたよね(笑
マンガでも字の表記で違いを出すことは可能ですが、こうして発音の違いで登場人物の意図に気づく喜びが味わえるのはアニメならではだと思います。

ワグナリアで働くまで八千代さんの人生をリードしてきたのは店長だからあれだけ慕っているんですよね。でも佐藤くんもまた違うポジションから八千代さんを助け導いています。そこに恋心が芽生えるのもまた必然。
思えば小鳥遊-伊波も佐藤-八千代も構造としては似てるんですね。


■たまゆら~hitotose~
第5話 「ちひろちゃんがきてくれたよ!なので」

実は結構つらいシチュエーションですよね。
一番の友達は遠い土地で新しい仲間と楽しそうに過ごしてる一方で、残された自分は一人ぼっちのまま。
そんなちひろちゃんの転機となるとよいのですが。自分が一人ではない、とそう思えただけでも違ってくると思います。


■僕は友達が少ない
第4話 「後輩達は遠慮がないΣ(゜口゜;」

メンバー大加増の回でしたね。原作を読んだ印象だと、物語の本筋にあたる部分の密度の低い作品なので、このへんは駆け足で済ませて正解かも。
幸村と理科とで夜空の対応が違うのは、自分にとってライバルとなりえる存在かどうかが基準のようですね。小鷹と同性の幸村であれば安全パイとして快く受け入れ、理科を危険な存在とみるや入部のハードルをあげた(が、難なくクリアされてしまった)と。

「なぜあんなゴミみたいなポスターで…」
あの部員募集の張り紙は、やはり本気で募集する気などなかったのですね。

「しかし先輩、雄と雌の間に普通の友情など成立しないかと」
「そんなことないっ!」

この様子だと、夜空は小鷹と昔のような親友関係を取り戻したいと考えているようですが、だとすると、女性を遠ざけようとする行動とは矛盾するんですよね。本当に親友ポジションに戻りたいのであれば、小鷹に彼女ができようがどうなろうが関係ないはずです。


■Fate/Zero
第五話 「凶獣咆吼」

バーサーカーが恐ろしく強そうに見えましたが、あれは英雄王との相性もあるのでしょうね。バーサーカーからすれば絶えず武器を供給されているようなものです。宝具の投擲って、それを捌ける技量の持ち主には脅威でもなんでもないのかも。
バーサーカーなのに技術を失っていない、ステータスが見えないなど、とても気になる存在です。でもこのままじゃ自滅が見えているような気が。
雁夜の闇が垣間見えたのもなかなか面白い。きっと魔術師として挫折する前には時臣とも色々鬱屈するものがあったんでしょうね。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。