スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

STEINS;GATE最終話「終わりと始まりのプロローグ」

未来のおかりんの言うことにひねりはなかったんですね。
とはいえ、準備中のおかりんのあまりの自信満々さにちょっと不安を覚えましたが、案の定血糊が固まってるというドジを踏むとは(笑
しかしその解決方法が漢でした。OH、ハラキリ!

「頑張れよ……。
 これから始まるのは、
 人生で一番長く、一番大切な三週間だ」

このシーンにはじんときました。
ここにたどり着くまで長かったですものね。

中鉢博士の持ち去った論文の処分については「それだけでいいの?」とやや不安でしたが、無事目的を達成しましたね。というか、あんな封筒にメタルウーパみたいな金属の塊が入ってたら事前に気がつきそうなものですが。

ダルと鈴羽のやりとりは、α世界線のときのような感動がありませんね。
αでは顔も知らない父親を探し当てたのにたいし、β世界線では2036年まで一緒だったようですから、この鈴羽にとってはいつもいる父親の若い頃、くらいの認識しかないのでしょう。
鈴羽のダルを見る目には親密さが感じられるし、逆にダルは戸惑いっぱなしで、最後まで「阿万音氏」呼ばわりでした。
………あれ? いまさらですがどうして鈴羽は「阿万音」姓なんでしょう。ダルが養子に入ったか……ひょっとすると正式な結婚はしなかったとか?

まゆしぃが萌郁と握手したシーンにもジンときました。
何度も殺し殺された二人ですもの。
しかしまゆしぃの頬の赤らめ方がちょっと気にかかるかも。
まゆしぃ百合っ子疑惑。
でもそうであればいいな。彼女が百合っ子で、おかりんのことを恋愛対象ではなく純粋に大切な幼馴染ととらえてるのであれば、視聴者としては幾分救われます。

シュタインズゲートの世界線では萌郁も死なないで済むんですね。
それどころかブラウン管工房のバイトになってるとは。。
バイトとして雇った経緯は偶然っぽいですが、個人的には、前の世界線でのお互いの悔恨が引き合わせたと思いたいな。
しかし、この世界でもCERNは厳然と存在し、Mr.ブラウンはFBのはずですが、萌郁はM4ではないのかな?
あるいはそうであっても、たとえFBからのメールが途絶えたとしても、萌郁は自殺なんかしないで済むことでしょう。彼女にはもう居場所があるのですから。

20110915.jpg

初見では???なアニメでしたが、話が進むごとに引き込まれていきました。
間違いなく今期最も続きが気になるアニメでした。
何度か山場がありましたが、一番何度も見返したのは鈴羽の回でしたねー。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。