スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

神のみぞ知るセカイ 第5話「たどりついたらいつも雨ふり」

前回の感想で、桂馬の人格が自己完結してることに感心したところだったのに、なにこのサンドバック状態(笑
クラスのリアル女子に陰口叩かれても平然としてるのに、ちひろだとショック受けちゃうんですね。彼女が桂馬を見下すのではなく、同じ視点で突っかかってきてるからでしょうか?
しかし、ちひろの攻略というのはなかなか精神的にもきつそう。だってもし彼女を攻略したら、記憶がなくなった後も頻繁に言葉を交わす機会があるのです。なんといってもエルシィの友達ですからね。記憶をなくしたらそこで縁が切れていた今までのヒロインとはわけが違う。男ってなんだかんだいってもロマンチストですから、そういうとこ気になるんじゃないでしょうか。

ヒロイン攻略完了ごとにリセットされちゃうこの構造だと、その後ヒロインたちは登場しなくなっちゃうのが神のみという作品の寂しいところなんですが、まさかの歩美復活です!
どんな形で今回の攻略に絡むのかわかりませんが、できれば桂馬に自信を取り戻させてあげてほしいですね。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。