スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

GOSICK -ゴシック- 第18話「漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ」

最近になって出てきた「オカルト省」「科学アカデミー」などの背景がうまく飲み込めないというか、実態が見えないままなので、展開が速すぎてちょっとついていきかねました。名塚さんと騎士が科学アカデミー側、案山子と木こりがオカルト省側ということでいいんでしょうか? ただし木こりは脅迫されて手先となっていただけ、と。
ママンたちが手に入れようとしていた形見箱を、ヴィクトリカに(試練つきで)譲ってくれたことはたしかなようですが、あの箱から彼女が抜き取ったものがこの先どんな意味をもってくるのか。
しかし灰色狼ってそんなたいした存在でしょうか? 単に閉鎖的な村としか思えませんが。突出してるのはママンやヴィクトリカ、あとは村長くらいではありませんか?

それよりも、メイドリカと名塚さんの可愛さが一番印象に残ってます。
名塚さんがこれっきりとはもったいない。。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。