スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

春アニメ

■もしドラ
みなみと夕紀の、二人の物語として見るととても感慨深いものがあるのですが、それ以外のところでかなり損をしている作品だなぁと思います。
私は好きなんですけど、周りの評価はとても低かったアニメです。

■DOG DAYS
再召喚の条件について何も知らされてなかったシンクが、その条件をことごとくクリアしてるのがとても楽しかった(笑
ああいうハッピーエンドが許される作品でしたよね。

■GOSICK -ゴシック-
暗い時代ですよね。個人の幸福よりも優先されるものがあると信じられていた時代。
それを語ることが作品の主題ではないのでしょうけれど。
とても美しいハッピーエンドでした。

■Aチャンネル
週に一度の癒しの時間でした。
「けいおん!」のムギは別格として、これほど寿さんのキャラに入れ込んだのは久しぶりです。トオル×ユー子の薄い本が読みたいなぁ。

■神のみぞ知るセカイ
楠攻略の時点では、実はそれほど面白いと思ってなかった作品です。ちひろ攻略あたりから、ただ女の子を落としていくだけではなく、変化をつけるようになりましたね。いえ、攻略対象に何かしらのテーマが設けられるようになったというべきでしょうか。ちひろは今までにない「普通な女の子」として桂馬と対等に渡り合ったり、長瀬先生は年上の教師として桂馬のペースを狂わせたり。
そして長瀬先生の魅力で一気に作品にはまりました。コミックス全巻揃えちゃいましたよー。

■電波女と青春男
くどいくらいテーマを前面に押し出してるアニメでしたね。入間先生ってそういう作風でしたっけ?
しかし、エリオはともかく、リューシさんと前川さんが転校生に惹かれる理由やらきっかけやらがいまだにわからない。個人的に、前川さんには傍観者でいてほしかったかな。

■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
文句なしのハッピーエンドでした。
しかしぽっぽのトラウマは深かったなぁ。そこに間違いなく存在しながらも、姿の見えないめんまに、ずっと怯え続けていたんでしょうね。
その後のゆきあつるこの描写が素敵でした。想いを表明したつるこにどう接していいかわからずにいるゆきあつが可愛かった。いままで散々つるこに甘えてきたのですから、当分は彼女に振り回されるといいですよ。

あと、とても魅せ方のうまいアニメだったなぁという印象です。サスペンスや謎解きな要素なんて、終わってみれば何もないのに、一回一回放送が終わるたびに、いまだ語られない過去に想いを馳せてばかりいたように思います。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。