スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

帽子あなる可愛かったですねー

■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
第10話「花火」

ゆきあつるこの同級生ズ、しつこいなぁ。
つるこにしてみれば、たまったものではないでしょうね。ゆきあつはまるで自分のこと見向きもしないくせに、周りからは彼女気取りといわれて責められる。
ゆきあつはつるこの涙を見て、なおも彼女に甘え続けるんでしょうか。傍にいて救われてるのに、つるこには何も返さないままで。

「結局はみんなのこと、見てるだけしかできなかったけど。……見てるだけ、しか   
なんでしょう。ずいぶん引っかかるつぶやき方しますね。

本間家の人たちは自力で再生しそうな雰囲気ですね。
やっぱり各自が言いたいことも言わずに黙ってるのはよくないのです。自分たちは家族で、お互い必要とし合ってるのだと確認さえできれば、何度だってやり直せるはず。血の繋がりを薄めることはできないのですから。

ゆきあつはあなるとつるむように。
前回からの同病相哀れむ仲ですが、健全じゃありません。ゆきあつはつるこに甘えてあなるに寄りかかって、どこまでダメ男を発揮すれば気が済むの。一見すると普通にイケメンだから困る。

成仏のための準備を着々と整えるバスターズの面々の中で、じんたんだけが焦りを感じてますね。ここはやはり、実際に見えてる者と見えてない者との差かなぁ。直に見えて話もできる相手を成仏させるだなんだって、それはできないですよ。。じんたんの居心地の悪さがこっちにまで伝わってきます。
でもバスターズが再結成してるのは、まさにそのめんまを成仏させるという目的からなんですよね。止めづらい。

あの夏の日、秘密基地であった気まずい事件を再現しようと提案するゆきあつ。
彼の狙いは何でしょうね。あの日の後悔を解消して心残りを徹底してなくし、成仏に繋げようという腹でしょうか。誰にとっても辛い再現でしょうに。
超平和バスターズの崩壊はまさにここから始まった。じんたんもゆきあつもあなるも、たぶんぽっぽもつるこもあの瞬間に後悔を抱えてるはず。誰もが今度こそ、じんたんに幼稚な照れ隠しではなく、本当の言葉を求めている。誰もがわかってる答えでも、実際に口に出さなければ整理のつかない想いがある。
いたたまれない再現劇でしたけど、やってよかったと思います。これに関してはゆきあつを褒めたい。
ぽっぽも言ってましたけど、巻き戻して始めるならここですからね。
ずっと隔たりのあったあなるとつるこも、ようやくこれで友達に戻れたって感じです。

二人きりになってようやく本音を吐露したじんたんですが、めんまは成仏するという。
やはりここでもじんたんのお母さんの言葉が鍵になってるんですね。
少しずつ少しずつ、核心に近づいてるはずなのですが、めんまの本当のお願いというのが見えてこない。めんまは何を託されたのでしょう。

「これで、いいんだよね」
「だって、めんまと私たちの利害は一致してる」
「絶対に成仏させる」
「今ならまだ止められる」
「絶対に止めさせない」

一見ひとつの目的に向かって一致協力してるように見えて、なにこのバラバラ具合。
やっぱりこれで成仏なんかしちゃダメですよ。
めんまが消えた後にバスターズが崩壊するのが目に見えている。

花火が点火されてからの流れが凄すぎる。胸が締め付けられる思いがしました。
これぞアニメですよね。
打ち上げられた花火を見つめるイレーヌさんには涙を誘われました。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。