スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

略称はココロコ

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
庵田 定夏

商品詳細を見る

男二人女三人の仲の良い部活内で、ランダムに人格が入れ替わってしまうという異常事態。
誰と誰が入れ替わるかも、入れ替わるタイミングも元に戻るタイミングも、全部ランダム。
はじめのうちは人格の入れ替わりを周囲に気づかれないよう慌てたりで見た目にも楽しいのですが、徐々にひずみが大きくなっていきます。個々が抱えている秘密や人には知られたくない本心がさらけ出されていく。
そのたびに作品内の空気が重くなっていくのですが、それを明るく吹き飛ばしてくれる驚きの展開も待ち構えてたりするのがこの小説の魅力です。シリアスと笑いのバランスが絶妙すぎる!

『~ランダム』シリーズではこの第一巻がたぶん一番ライトで入りやすい内容でしたね。
イラストが白身魚さんで、メイン五人の内二人の名前が「姫子」と「唯」ですが、あまり深く考えてはいけません。

ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)
(2010/05/29)
庵田 定夏

商品詳細を見る

シリーズ二冊目。
今度はランダムなタイミングで理性のたがが外れてしまうという《欲望開放》!
思ってはいても口に出さないこと、思いはしても実際にはやらないこと、が誰にでもあるでしょうけれど、そのストッパーが突然外れてしまうという現象に五人が見舞われます。
これは痛い。タイトル通り、仲の良かった五人が互いに傷つけ合う、崩壊の危機!
シリーズの中ではたぶんこれが一番読んでてつらくなります。でも最後の展開には思わず泣きました。つらさも半端じゃないぶん、最後に来るカタルシスも大きくて、私の一番お気に入りです。
この巻のヒロインは姫子。きっとみんなここで姫子に惚れるはず。

ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)
(2010/09/30)
庵田 定夏

商品詳細を見る

異常事態はまだまだ続く。
今度は五人中四人がランダムな年齢に過去退行してしまう!
今は明るく楽しく過ごしてるメンバーだけど、過去に清算しないまま置き去りにされてきたものを抱えていた。それがこの《過去退行》で明らかになってしまう。
この巻のメインは唯と青木。

ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)
(2011/01/29)
庵田 定夏

商品詳細を見る

どこまで続くんだこの異常事態。
今度は心がランダムで仲間に筒抜けになってしまう《感情伝導》。
二巻の《欲望開放》にやや似ているけれど、すでに強い絆で結びついている五人ならば乗り越えられるはず………だったのだけど、今まで強くしなやかでいてくれた部長の伊織が、ここでとうとう壊れてしまう。もう序盤から最悪の雰囲気。
伊織は他作品でたとえるならば『とらドラ!』の実乃梨に似ています。とにかく男の手ではどうしてあげることもできないタイプ。彼女のことをどんなに好きで守ってやりたいと思ってる男がいたとしても、愛だけでは彼女は救えない。たとえ彼の桂木桂馬でも無理!
一時は絶望的な状況に陥るも、主人公太一の起死回生の一撃がここで炸裂する!(笑

ココロコネクト クリップタイム (ファミ通文庫)ココロコネクト クリップタイム (ファミ通文庫)
(2011/05/30)
庵田 定夏

商品詳細を見る

短編集です。ここでは異常事態は起こらずに、各巻の幕間のようなエピソードが語られます。終始明るく楽しめる、読者にはご褒美のような一冊。
最後の一編では、様々な異常事態を乗り越えて結束した五人だけの部活に、とうとう新入生が!
そうなると心配なのは、これからも起こるであろう異常事態に新入生も巻き込んでしまうのではないかというその一点。事態が異常すぎて、とても事前には説明できない。何の覚悟もなしに入ってもらうには、自分たちの経験してきた事件は重過ぎる。それでもなお、彼らに「入ってほしい」と言えるのか   
いずれも魅力的な新入生が入ってきましたね。新シリーズが楽しみです。

ココロコネクト(1) (ファミ通クリアコミックス)ココロコネクト(1) (ファミ通クリアコミックス)
(2011/05/14)
CUTEG

商品詳細を見る

コミックス版も出てます。原作にすごく忠実で、キャラはめがっさ可愛い。
ファミ通コミッククリアでWeb連載されているので試し読みできます。(要IE)
わたしはここから入って原作を読み始めました。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。