スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

瀬菜はいったいどこに向かっているのだろう

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)
(2011/05/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

黒猫の想い描く理想の未来。
高坂兄妹にはピンとこなかったようですが、いわばこれはPSPのあやせENDのような未来図でしょうね。だからこそ麻奈実も、あやせのようなパワーがあればできるんじゃないかと京介に告げたのだと思います。
二者択一ではなく、両方を獲る。
虚飾だらけで生きてきた黒猫が、それをかなぐり捨ててでも得ようとした未来は、果たして訪れるのでしょうか?
なんにせよ、これで「俺妹」という物語に一区切りついたことは間違いありません。俺妹本編のみならず、PSPや各種特典小説、アニメの設定なども盛り込んだ、総決算とも言える内容でした。

◆京介&桐乃
いやはや、これほど正座と土下座の似合う主人公がかつていたでござろうか?
この巻の京介は本当に女性陣に翻弄されるがままでしたね。
見方を変えれば、京介が今まで奔走してきたことの結果が、一度にまとめて跳ね返ってきたとも言えるでしょう。世話を焼いていた妹の世話になり、おせっかいしてきた黒猫にリードされ、本気で接してこなかったあやせには叩き出され、散々甘えてきた麻奈実に厳しくお説教される。
桐乃もようやく自分のブラコンぶりを認め、黒猫を「黒いの」ではなく「黒猫」と呼ぶようになりました。京介にだけ通じてきた、つき続けてきた嘘を剥がされた桐乃が、京介をめぐって親友の黒猫とどんな攻防戦を繰り広げることになるのか、次巻からが楽しみです。

◆黒猫&沙織
20110517.jpg
「あのとき、二次会に誘ってくれて、ありがとう」
「黒猫氏………拙者を泣かせるおつもりですか?」

これは不意打ちでした。
泣いた。
BD1巻の特典小説を読んでいればなおさら。
でも、これは単なる沙織への感謝の言葉にとどまらない、黒猫の決意表明だったのではないかと思います。自分はこれから全てを手に入れるために全力を尽くす。このコミュニティを壊すことなく、京介と桐乃と自分が笑って迎えられる未来をつかんでみせる、沙織への感謝の気持ちを決して過去のものにしないという、真摯な決意。
そして彼女は文字通り奮闘し、考えうる限り最良の結果をつかんでみせた。自分と京介との絆を確固たるものにしたうえで、桐乃の嘘を暴きだし、ようやく三人がスタート地点に立った。
これ以上の結果があるでしょうか?

◆あやせ
今回ちょっと可哀想だったのはこの子ですね。
あやせにとって、桐乃を挟んだ京介との関係はある意味居心地のいいものだったのかもしれません。でもそれが崩壊してしまった。京介の今までのアプローチが本物ではないと宣言されてしまった。あやせがこれまで疑いつつも、少しは本気かもしれないと期待していたことが全部否定されてしまった。
まあこれは、京介があやせを「高めの女の子」であり、けっして相手にしてくれないものと認識していたせいなのですが。
でもあやせフラグ、ちゃんと立ってたんですねー。これで希望がなくなったとも思えません。むしろあやせが自分の気持ちを自覚する契機になったと考えれば、あやせルートはまだ残ってますよお兄さん!

◆麻奈実
今回一番理解不能なのがこの子ですよね。
菩薩か!
自分の恋心はどこに仕舞い込んだの!
あるいは京介を笑顔で送り出した後に、一人でこっそり泣いてたりすれば理解もできるのですが、それは読者の想像に委ねられています。
終始物語の一番端に立って京介たちを俯瞰し、神のごとき視点でこじれた感情を紐解いてみせました。それは京介に向かって話しているようでもあり、また、私たち読者に向かって解説しているようでもありました。



俺の妹がこんなに可愛いわけがないコミックアンソロジー (電撃コミックス EX 152-1)俺の妹がこんなに可愛いわけがないコミックアンソロジー (電撃コミックス EX 152-1)
(2011/04/27)
不明

商品詳細を見る

合わせてこちらも購入しました。
笹倉綾人先生の「コロン」は、本編では見られない桐乃視点のマンガですが、彼女のブラコンぶりと強がりが微笑ましいというか。桐乃好きは読まなきゃ損ですよ。
高橋むぎ先生の「何時も仲良しなわけもない?」はあやせマンガ……と見せかけて実は加奈子メイン? あっけにとられるくらいひどいオチでした(笑 モデル三人娘の声がアニメのキャストで脳内再生されるほど、キャラをよくつかんだ描写が見事です。
楊柳崇志先生の「めがねこ!」はいつものクレバーなギャグが冴え渡ってますね。でもその中でしっかり黒猫フラグを立ててるところはさすが。
うったて先生の「ぐらす★えんじん」は黒猫が反則的に可愛すぎる。アンソロで拝見するのはずいぶん久しぶりですが、絵柄が変わられましたねー。びっくりです。
  拍手する
コメント

あやせの場合

私は「お兄さんと結婚すれば桐乃と義姉妹になれたのに
計画破れたorz」
って感じに思いました。

そして、麻奈実がさりげなく告白したのも驚きでしたね。

No title

>お兄さんと結婚すれば桐乃と義姉妹になれたのに
同人ではよく見かける展開ですね。

>麻奈実がさりげなく告白したのも
あれは告白になってるんでしょうか………?
この巻の麻奈実は正直理解不能です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。