スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

読後になんだか恋がしたくなる

ただいま独身中(1) (まんがタイムコミックス)ただいま独身中(1) (まんがタイムコミックス)
(2011/04/07)
辻 灯子

商品詳細を見る

彼は飲み友達の一人に過ぎなかった。
だけどソイツの結婚が決まった日の帰り道、「俺一時期、お前のことイイなとか思ってた」なんてしれっと言い放つものだから、ただの友達だったはずなのに、その日からやたら意識してしまう。
もうすぐ彼は結婚するのに。


主人公の楓が30歳、ということでどこか落ち着いてるんですよね。
落ち着いてるって言い方はヘンかな。
なんというか、恋愛しててもそれだけにのめり込めないというか、生活と人間関係の中で恋心の処し方を考えてしまう。ある意味現実的。
周囲の人間の恋愛に対する距離のとり方も年相応でおもしろいです。基本他人事なんですよね。それでいて、踏み込みすぎない程度に打ち明け話したりされたり、茶化したり、決しておせっかいは焼かずにむしろ牽制したり。

楓の横恋慕に気づいた女友達が、楓と"彼"の両方に釘を刺すところなんて特にそうですよね。
もともとこの子が潔癖ってのもあるんでしょうけど、友達の恋とコミュニティの平和維持とを天秤にかけて、コミュニティの維持をとってるんですよね。
もちろん良識として不倫はよくないとか建前はいくらでもつけられるんですけど、本音はそこですよね。人間関係の崩壊が怖い。そういった心理にちょっと共感してしまう。
でもなんだろう、読んでるとすごく恋がしたくなってきますね。

それにしても男ってダメな生き物ですねえ。
どうして「好きになったその時」じゃなくて、もう手遅れになってからぼそっと告白するんでしょう。
たとえばそれは同窓会の席であったり、もう他の人との結婚が決まってからであったり。

「まんがタイムラブリー」がリニューアルということで、またもや掲載誌移籍お疲れ様でした辻先生。『ただいま勉強中』でもう移籍に嫌気がさされてるでしょうに。。
でも「まんがタイムホーム」は以前から読んでる雑誌なので、個人的には嬉しい移籍でした。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。