スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

可愛いは正義でした

高杉さん家のおべんとう 3高杉さん家のおべんとう 3
(2011/01/22)
柳原 望

商品詳細を見る


お店ごとに特典が分かれてて迷いました。とら特典の「節子さんに料理教わる久留里」が欲しかったんだけど売り切れらしく、ゲーマーズで購入。スク水久留里もよかったけど、印刷したカラープリンター(カラーコピー?)がかなり旧世代っぽくてちょっと残念な感じに。どうでもいいけど「スク水」って「ツインテール」と同じでオタク用語じゃないんでしょうか。

血縁問題は両者の温度差がおもしろかったかな。
高杉くんにとってはまず美哉ちゃんと血縁なかったことにショック受けちゃって、さらにそれを知った久留里に距離を置かれることを危惧しなければならなくてパニクっちゃったのかな。でもあれはないわー(笑
あそこは人の繋がりを頭でっかちに考えちゃう高杉くんと、すでに実生活レベルで感覚的に捉えてる久留里との差が如実に出た感じです。
でも、「人の細胞は一年で90%以上入れ替わってて、その細胞は食べ物から出来てる。この一年半ほぼ同じものを食べてきたんだから、僕たちはほぼ同じ材料でできている」って話の運びは素敵でしたね。共に過ごした時間と連帯感が感じられて。

学術大会での発表。高杉くんが啖呵を切ったからには何か格好よく決めてくれるものかと思いきや、久留里の可愛さで陥とすとは卑怯なり(笑 清楚系美少女+セーラー服は無敵ですね。
研究がいかに社会に貢献できるかというのは前にも言及されていましたね。今回はさらに突っ込んで、その責任のあり方や貢献の形など、ためになる言葉が聞けました。元老も決して意地悪なんじゃなく、根っからの学者さんってことなんでしょうねー。

串原ヘボ祭り。ここでは全面的になつ希ちゃんにシンクロしました。
比較的おとなしいって言われても、スズメバチが飛び回る会場とか一分といられませんっ。
虫食とかもう………。
いやま、文化を否定するのはよくないことですが、現代っ子にはなかなか高い壁だと思います。


こういう世代差のある二人の同居物語というと、「家族」がテーマになりがちですが、『高杉さん家のおべんとう』はそこにとどまらず、社会的に家庭的に、人と繋がるとはどういうことなのか、そこで何を見てどうすることが大切なのかを私たちに教えてくれます。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。